高橋誠一郎 公式ホームページ

キエフ公国

3-2、ロシアの民話と文学――プーシキンの『ルスラーンとリュドミーラ』

 Ⅰ.ギリシャ正教の受容とロシアの文化

a.ロシアの風土――プラストールという言葉

 220px-Russland_Relief

(ロシアの地形図、「ウィキペディア」より)

b.ロシアと東ローマ帝国とのつながり

ミュシャ、聖アトス山

ミュシャ画、「スラヴ叙事詩」、第17作「(ギリシャ正教の聖地)聖アトス山」(図版は「ウィキペディア」より)

c.ロシア語のアルファベットとキリル文字

220px-Labarum_svg

キリストを表すモノグラム(クリスモン)。

ギリシャ語X(キー)とP(ロー)、つまり大文字でXPIΣTOΣと書く最初の2文字のX とPを組み合わせたものである。(図版は「ウィキペディア」より)

d. ロシア文学と世界文学(日本文学)

*「イエスの時代とドストエフスキーの時代」

劇団四季:ジーザス・クライスト=スーパースター[エルサレム … –

 

.ロシアの民話と『ルスラーンとリュドミーラ』

Krivine : Glinka / Ruslan and Lyudmila – Duration – YouTube ▶ 5:50

近代ロシア文学の成立とプーシキン

Kiprensky_Pushkin

『アレクサンドル・プーシキンの肖像画』(キプレンスキー作、1827年、トレチャコフ美術館所蔵、画像は「ウィキペディア」より)

a. ロシアの「国民詩人」プーシキン

b. キリスト教受容以前のロシアの宗教

Ruslan_and_Ludmila_front_page_1820

(『ルスラーンとリュドミーラ』のタイトル頁。図版は「ウィキペディア」より)

c.ロシアの民話世界

*バーバ・ヤガー

バーバ。ヤガーの絵

(イヴァン・ビリビン画。図版は「ウィキペディア」より))

ムソルグスキー「鶏の脚の上に立つ小屋――バーバ・ヤガー」(ピアノ組曲『展覧会の絵』)

Mussorgsky · Baba Yaga · Dudamel – YouTube ▶ 9:24

*ルサルカ(人魚、水の妖精)

*カシチェイ王(カスチェイ王)

Firebird バレエ 火の鳥 – YouTube ▶ 9:44

Ⅳ.キリスト教の受容と『ルスラーンとリュドミーラ』

a. ウラジーミル公とキリスト教の受容

b.太陽王ウラジーミルの娘とルスラーン公の結婚式

240px-Гусляры

「グースリ演奏家たち」(ヴィクトル・ヴァスネスツォフ画、1889年。画像は「ウィキペディア」より)

c. 『ルスラーンとリュドミーラ』の「魔法昔話」的な構造

d.ファンタジーから歴史へ

1-4、キエフ大公国の滅亡からピョートル大帝へ

 リンク→1-0-1、「ロシアの社会と文化」のページ構成と授業概要   

講義の流れ

Ⅰ. 「ファンタジー」から「歴史」へ――『ルスラーンとリュドミーラ』(2)

240px-Гусляры

「グースリ演奏家たち」(ヴィクトル・ヴァスネスツォフ画、1889年。画像は「ウィキペディア」より)

*グリンカ「ルスランとリュドミーラ」序曲

Krivine : Glinka / Ruslan and Lyudmila – Duration – YouTube ▶ 5:50

a.キエフ大公国と騎馬民族

b.「第六歌」より

リンク→ 年表1,ロシア史関連年表

無題

聖ソフィア大聖堂」(図版は「ウィキペディア」より)

c.ロシアの民話とロシア文学

 

Ⅱ.  キエフ大公国の滅亡とモスクワ公国の台頭

a.キエフ大公国の滅亡――バトゥが率いる大軍の襲来 (バトゥはフビライと同じくチンギス・ハンの孫)

バトゥ

キプチャク・ハン国(ジョチ・ウルス)の創設者・バトゥ (『集史』パリ本。図版は「ウィキペディア」より)

b.モスクワ公国の台頭

c.東ローマ帝国の滅亡とモスクワ公国

双頭の鷲

「双頭の鷲」の国章(イワン三世が定めた紋章を元にしてたもので、現在はロシア連邦の国章)(図版は「ウィキペディア」より)

 

Ⅲ.イワン四世の政治(イワンはイヴァンとも記す)

275px-Moscow_Kremlin_from_Kamenny_bridge

モスクワの「クレムリン」(図版は「ウィキペディア」より)

a.イワン四世(雷帝1530~1584)と織田信長(1534~1582)

b.東ローマ帝国の後継者であることの強調

c.映画《イワン雷帝》 について

71

映画《イワン雷帝》(図版は『スターリンとイヴァン雷帝』成文社より)

d.戴冠式

Ⅱ.「動乱時代」からロマノフ王朝の成立へ

a.イワン雷帝とボリス・ゴドゥノフ

b.皇帝ボリス・ゴドゥノフ

220px-Borisgodunov

ボリス・ゴドゥノフの肖像画(図版は「ウィキペディア」より)

〔手に持つ十字架付き宝珠(ほうじゅ)と王笏(しゃく)は、王冠とともに王権を象徴する〕。

c.ボリス・ゴドゥノフの政策

d.動乱時代

e.プーシキンの史劇とムソルグスキーのオペラ《ボリス・ゴドゥノフ》

Scene from Mussorgsky — “Boris Godunov” – YouTube ▶ 8:08

https://www.youtube.com/watch?v=70RIWenSlns

f.ロマノフ王朝の成立

 

 Ⅴ.ピョートル大帝の改革と明治維新

Peter_der-Grosse_1838

(ピョートル大帝の肖像画、図版は「ウィキペディア」より)

 a. ロシアの「文明開化」

Peter_in_Holland

(「オランダで船大工とともに働くピョートル」、ダニエル・マクリーズ作、画像は「ウィキペディア」より)。

b. サンクト・ペテルブルクへの遷都

c. 暦の改革

d. 新しい官等制度の制定

d.福沢諭吉のピョートル大帝観