高橋誠一郎 公式ホームページ

文明論(地球環境・戦争・憲法)

        注・画像などを掲載する必要上、記事は「製品」欄に記載されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

製品

0、文明論(地球環境・戦争・憲法)のページ構成

 

、「核の時代」と地球環境

1-1、自然環境

1024px-NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise

(月から撮影した地球、写真は「ウィキペディア」より)

「大地主義」と地球環境

「生命の水の泉」と「大地」のイデア

《風立ちぬ》Ⅱ――大地の激震と「轟々と」吹く風

1-2,戦争

1280px-Cheshire_Regiment_trench_Somme_1916

リンク→チャールズチャップリン独裁者 – YouTube

 ピーター・ポール&マリー(PPM)/花はどこへ行った … – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=bOTCa1F3F0c

 

1-3,原水爆と原発事故

800px-Atomic_cloud_over_Hiroshima220px-Nagasakibomb

(広島に投下されたウラン型原子爆弾「リトルボーイ」によるキノコ雲と、長崎市に投下されたプルトニウム型原爆「ファットマン」によるキノコ雲。画像は「ウィキペディア」)。

リンク→ラッセル・アインシュタイン宣言-日本パグウォッシュ会議

 430px-Ikimono_no_kiroku_poster

(作成:Toho Company, © 1955、図版は「ウィキペディア」より)

「第五福竜丸」事件と映画《生きものの記録》

特集「映画は世界に警鐘を鳴らし続ける」と映画《生きものの記録》

 

Ⅱ、自由民権運動と「明治憲法」

1、王政や帝政における権力と「良心」

2,正岡子規と自由民権運動

3,北村透谷と自由民権運動

,大日本帝国憲法

安倍首相の国家観――岩倉具視と明治憲法

 

「核の時代」と「日本国憲法」

3-1,日本国憲法

Enforcement_of_new_Constitution_stamp(←画像をクリックで拡大できます)

(日本国憲法施行記念切手、図版は「ウィキペディア」より)

3-2、教育制度

3-3,法律と報道

「核の時代」と「改憲」の危険性

フィクションから事実へ――『永遠の0(ゼロ)』を超えて(1)

「ワイマール憲法」から「日本の平和憲法」へ――『永遠の0(ゼロ)』を超えて(2)

「終末時計」の時刻と「自衛隊」の役割――『永遠の0(ゼロ)』を超えて(3)

「改憲」の危険性と司馬遼太郎氏の「憲法」観

「憲法記念日」と「子供の日」に寄せて――「積極的平和主義」と「五族協和」というスローガン

憲法96条の改正と「臣民」への転落ーー『坂の上の雲』と『戦争と平和』

「集団的自衛権の閣議決定」と「憲法」の失効

 

Ⅳ、日露の近代化と日本の政治

4-1,「公地公民」という用語とロシア帝国の「農奴制」

安倍政権のTPP法案・強行採決と『竜馬がゆく』における竜馬の農民観

4-2,明治維新と薩長藩閥政府

〈忍び寄る「国家神道」の足音〉関連記事一覧

「内務省の負の伝統」関連の記事一覧

4-3,「昭和初期の別国」

〈「昭和初期の別国」と『永遠の0(ゼロ)』〉関連記事一覧

4-4、安倍政権

 「戦争法」関連記事一覧

「安倍政権の無責任体制」関連の記事一覧

〈「アベノミクス」の詐欺性〉関連記事一覧

 

(2016年3月17日、11月5日、改訂)