高橋誠一郎 公式ホームページ

風と大地と(ブログ)
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

「黒澤明研究会五〇周年とドストエフスキー生誕二〇〇年」を「主な研究」に掲載

黒澤明研究会の50周年を記念した『黒澤明研究会会誌』46号が届いた。黒澤映画の上映会や、黒澤映画を支えたスタッフや俳優へのインタビューを行って、『黒澤明 夢のあしあと』(共同通信社MOOK)や『黒澤明を語る人々』(朝日ソノラマ)なども刊行してきた研究会の50年振り返る座談会なども掲載されている。

週刊誌とほぼ同じ大きさのB5版のサイズで269頁の大部で関係者の思いがこもる『会誌』となっているが、特記すべきは黒澤映画関係者との貴重な写真が豊富に掲載されているばかりか、黒澤監督手書きのクリスマス・カードの絵も載せられていることである。

『デルス・ウザーラ』関係の写真はないが、ロシア文学とも深いかかわりを持つ黒澤監督を記念したこの号は、多くの黒澤映画のファンにとっても興味深い記念号となっている。

私自身は拙著『黒澤明で「白痴」を読み解く』(成文社)の発行をきっかけに入会した時のいきさつとその後の会の活動と私のドストエフスキー論とのかかわりについて振り返った「黒澤明研究会五〇周年とドストエフスキー生誕二〇〇年」を投稿した。

一方、ドストエフスキーの愛読者を自称するプーチン大統領がウクライナ侵攻を行ったことで、ロシアだけでなくドストエフスキー文学の信頼が大きく揺らいでいる。それゆえ、ここではソ連崩壊後におきたスーパーインフレやエリツィン大統領の独裁的な手法の問題や、チェルノブイリ原発事故の問題と黒澤映画『夢』の「赤富士」のシーンとの関係の考察なども行った。

黒澤明監督の芥川龍之介観に言及した後では作家・堀田善衞の核戦争観にも触れ、最後に黒澤明監督を敬愛し、彼の脚本を元にした映画『暴走機関車』(1985)を撮ったロシアの巨匠アンドレイ・コンチャロフスキー監督の言葉を紹介して締めくくった。

再掲に際しては拙著の書影も加えた。

黒澤明研究会五〇周年とドストエフスキー生誕二〇〇年