高橋誠一郎 公式ホームページ


 本サイトではドストエフスキーなどロシアの文学作品や夏目漱石から司馬遼太郎に至る日本の文学作品を読み解くだけでなく、黒澤明監督の映画や宮崎駿監督のアニメなども考察の対象とすることにより、地球環境や自然観の問題などをとおして二一世紀の文明のあり方を考察します。

—————————————————————————————–

プロフィール

高橋誠一郎   文芸評論家、ロシア文学者、比較文明学者

1949年 福島県二本松市に生まれる。
1983~2013年 東海大学に勤務。
      ロシア語の他、ロシア文学や文明学の講義などを担当。
2013年9月~ 桜美林大学・非常勤講師。

主な所属学会・研究会
ドストエーフスキイの会、黒澤明研究会、日本比較文学会、日本トルストイ協会、日本ロシア文学会、世界文学会、比較文明学会、比較思想学会、地球システム・倫理学会、東海大学文明学会、異文化交流研究会、日本ペンクラブ・環境委員会、全作家協会など。

メニュー

目次

(青い文字で記された各ページに、リンクしています)

お知らせ 各ページの構成

「著書・共著」タイトル一覧 

司馬遼太郎の「神国思想」批判と憲法観

(1,「神国思想」の批判 2,「公地公民」制と帝政ロシアの農奴制 3,坂本竜馬の「船中八策」と独裁政体の批判 4,明治維新と「廃仏毀釈」運動 5,「公」の観念の批判 6,「明治国家」80年説 7、ヒトラー観と昭和前期の日本観 8、戦後日本の評価)

国民の安全と経済の活性化のために脱原発を

(はじめに 1、「原爆の申し子」としてのゴジラ 2,水爆「ブラボー」の実験と「第五福竜丸」事件 3,水爆大怪獣「ゴジラ」 4,核戦争の恐怖と映画《生きものの記録》 5,チェルノブイリ原発事故と「第三次世界大戦」 6,福島第一原子力発電所事故と映画《夢》 7,黒澤明と作家ガルシア・マルケスとの対談)

ツイッターのアカウント@stakaha5    #憲法   #脱原発   #野党は共闘

お知らせ

新刊 

『ゴジラの哀しみ――映画《ゴジラ》から映画《永遠の0(ゼロ)》へ』(のべる出版企画、2016)

%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%81%ae%e5%93%80%e3%81%97%e3%81%bf%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e8%a1%a8%e5%b8%af%e4%bb%98%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%81%ae%e5%93%80%e3%81%97%e3%81%bf%e8%a1%a8%e7%b4%99%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e8%a3%8f%e5%b8%af%e4%bb%98

(↑ 画像をクリックで拡大できます ↑)

【映画《ゴジラ》から《シン・ゴジラ》にいたる水爆怪獣「ゴジラ」の変貌をたどるとともに、『永遠の0(ゼロ)』の構造や登場人物の言動を詳しく分析することによって、神話的な歴史観で原発を推進して核戦争にも対処しようとしている「日本会議」の危険性を明らかにし、黒澤明監督と宮崎駿監督の映画に描かれた自然観に注目することにより、核の時代の危機を克服する道を探る】。

終末時計(←画像をクリックで拡大できます)

【アメリカの科学誌『原子力科学者会報』は、日本国憲法が発布された1947年には世界終末時計を発表して、その時刻がすでに終末の七分前であることに注意を促していた。しかし、2015年にはその時刻がテロや原発事故の危険性から1949年と同じ「残り三分」に戻ったと発表した。(図版は「ウィキペディア」より)】

無責任な政治家と終末時計の時刻

各ページの構成

各ページの構成(青い文字のページには、リンクしています)

〈「不思議の国」ロシア〉:大学の授業案内「ロシアの社会と文化」のページ構成/ 「人間理解(世界文学における人間と文化)」のページ構成  /「ロシア文学研究」のページ構成

256px-Hemitage-exterior(ネヴァ川から見たエルミタージュ美術館。かつてはロマノフ王朝の冬の宮殿。図版は「ウィキペディア」より)

「風と大地と(ブログ)」:日々感じたことを記す他、他のページに書いたタイトルと内容の簡単な紹介

「主な研究(活動)」:タイトル一覧 (ドストエフスキー、ロシア文学、小林秀雄関係)/ タイトル一覧Ⅱ (司馬遼太郎、正岡子規、近代日本文学関係)

「映画・演劇評」:タイトル一覧Ⅰ(黒澤映画、黒澤映画と関係の深い映画)/ タイトル一覧Ⅱ (ゴジラ関係、宮崎駿映画、演劇など)

「著書・共著と書評・図書紹介」:著書と共著を「目次」や索引やなどとともに掲載する他、拙著の書評なども紹介。「書評・図書紹介」では私が影響を受けた著作や関心を持った著作の書評を掲載

文明論(地球環境・戦争・憲法):原水爆や原発など原子力エネルギーの問題や、戦争や憲法を決定する政治の問題を考察

1024px-NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise

(月から撮影した地球、写真は「ウィキペディア」より)

「新着情報と講演・市民講座」:講演などの予定とこれまでに行った講演と市民講座の一覧を掲載

「年表とブログ・タイトル一覧」:このHPのテーマに関連する年表とブログ・タイトルの一覧を掲載

「お問い合わせ」:実名でのご感想やご意見は「お問い合わせ」のページにお送り頂き、興味深い内容のご意見や鋭いご批判は、後日ご紹介するようにしたいと考えています。ただ、まだこのHPはまだ構築中なので、もう少しお待ちください

(なお、本HPでは実名を原則としますので、コメントなどは受け付けていません。) 

「著書・共著」タイトル一覧

著書

ISBN978-4-903174-33-4_xl(←画像をクリックで拡大できます)

『新聞への思い――正岡子規と「坂の上の雲」』(人文書館)

【木曽路を旅して「白雲や青葉若葉の三十里」という句を詠み、東京帝国大学を中退して新聞『日本』の記者となった正岡子規の眼差しをとおして『坂の上の雲』を読み解き、帝政ロシアと「明治国家」との教育制度や言論政策の類似性に注目することで、「比較」や「写生」という方法の重要性を明らかにする】。

005l(←画像をクリックで拡大できます)

『黒澤明と小林秀雄――「罪と罰」をめぐる静かなる決闘』(成文社、2014年)

【なぜ映画“夢”は、フクシマの悲劇を予告しえたのか。1956年12月、黒澤明と小林秀雄は対談を行ったが、残念ながらその記事が掲載されなかった。共にドストエフスキーにこだわり続けた両雄の思考遍歴をたどり、その時代背景を探る。】

86l(←画像をクリックで拡大できます) 

 『黒澤明で「白痴」を読み解く』(成文社、2011年)

【ドストエフスキーが描いた長編小説『白痴』の世界を見事に戦後の混乱した日本に現出させ、映画《サクリファイス》のタルコフスキー監督をも驚かせた黒澤映画《白痴》をとおして帝政ロシアの貴族社会の実態を暴いた原作の深みに迫る。】

ISBN978-4-903174-23-5_xl(←画像をクリックで拡大できます)

『「竜馬」という日本人――司馬遼太郎が描いたこと』(人文書館、2009年)

【吉田松陰から高杉晋作を経て、「権力政治家」山県有朋に至るまでを描いた『世に棲む日日』を視野に入れつつ、「天誅」やテロが横行していた幕末に、「オランダ憲法」を知って武力革命ではなく平和的な手段で政権を変えようとした若者の生涯を描いた『竜馬がゆく』を読み解く。】

59l(←画像をクリックで拡大できます)

 『ロシアの近代化と若きドストエフスキー ――「祖国戦争」からクリミア戦争へ』(成文社、2007年)

【父・ミハイルが貴族となったことで直面した「農奴制」の悲惨さ。ロシア版「教育勅語」が出されたニコライ1世の「暗黒の30年」に青春を過ごしたドストエフスキーが検閲に苦しみながらも発表した『貧しき人々』など初期作品を読み解く。】

31525178

『司馬遼太郎の平和観――「坂の上の雲」を読み直す』(東海教育研究所、2005年)

【「報復の権利」を主張して開始されたイラク戦争後の混沌とした国際情勢を踏まえて『坂の上の雲』を読み解くことで、「自国の正義」を主張して「愛国心」などの「情念」を煽りつつ「国民」を戦争に駆り立ててきた近代の戦争発生の仕組みと危険性を明らかにする。】

287-8

『欧化と国粋――日露の「文明開化」とドストエフスキー』(刀水書房、2002年)

【途中で中断した『罪と罰』(1866)に続いて内田魯庵が翻訳したのが長編小説『虐げられた人々』(1861)であった。日露の「文明開化」の類似性とその危険性を明らかにすることで、ドストエフスキー兄弟が「大地主義」を掲げた時期に書かれた作品の現代的な意義に迫る

 272-x

『「罪と罰」を読む(新版)――〈知〉の危機とドストエフスキー』(刀水書房、初版1996年、新版2000年)

【ヒトラーは『わが闘争』で「弱肉強食の理論」を正当化し、「自尊心」を強調しながら「復讐の情念」を煽った。主人公の言動と「人類滅亡の悪夢」をとおして『罪と罰』は、「弱肉強食の理論」に基づく「非凡人の思想」や「正義の戦争」の危険性を予告していた。】

 

【のべる出版企画】から出版した著作

下記の著書は、のべる出版企画に直接ご注文下さい。(FAX 03-3896-6507、E-mail:novel-syuppan@nifty.com)

%e6%99%82%e4%bb%a3%e5%b0%8f%e8%aa%ac

 司馬遼太郎と時代小説――「風の武士」「梟の城」「国盗り物語」「功名が辻」を読み解く』 (のべる出版企画、2006年)

【『風の武士』や『梟の城』などの忍者小説や織田信長などを描いた『国盗り物語』や『功名が辻』を文明論的な視点から読み解くことにより、「英雄」による「鬼退治」を讃える歴史観への鋭い批判を「司馬史観」が秘めていることを明らかにする。】

 %e3%80%8e%e5%9c%b0%e4%b8%8b%e5%ae%a4%e3%81%ae%e6%89%8b%e8%a8%98%e3%80%8f%e3%82%92%e8%aa%ad%e3%82%80

『ドストエフスキイ「地下室の手記」を読む』(リチャード・ピース著、池田和彦訳、高橋誠一郎編、のべる出版企画、2006年)

【「報復の権利」を主張したイラク戦争によって21世紀は泥沼の「戦争とテロ」の時代になったように見える。本書は『地下室の手記』を精緻に読み解くことで、功利主義やバックルが『イギリス文明史』で主唱した近代西欧文明を「地下室の男」が根本的に批判していることを明らかにしている。】

 

%e3%81%93%e3%81%ae%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%81%82%e3%81%97%e3%81%9f

『この国のあした――司馬遼太郎の戦争観』(のべる出版企画、2002年)

【日露の近代化の比較という視点から、『竜馬がゆく』、『坂の上の雲』、『沖縄・先島への道』、『菜の花の沖』などの作品を読み解くことで、「公地公民」制の実態や「義勇奉公」の理念の危険性を明らかにした「司馬史観」の深まりに迫る。】

 

共著 (/の後に論文名を記す)

『文明の未来 いま、あらためて比較文明学の視点から』(東海大学出版部、2014年)/司馬遼太郎の文明観―-古代から未来への視野(レジュメ)

志村有弘編『司馬遼太郎事典』(勉誠出版、2007年)(次の項目を執筆)「鬼謀の人」、「北斗の人」、「中国を考える」、「東と西」、「歴史の舞台 文明のさまざま」 

 Faits et imginaires de la guerre russo-japonaise, Kailash Editions,2005)/Le regard de l’ecrivain Shiba Ryotaro sur la guerre russo-japonaise (traduction de K.Arneodo)

『文明と共存――齋藤博名誉教授古稀記念論文集』(伊東健・高橋誠一郎共編、記念論文集発行委員会、2005年)/「「非凡人の理論」と他者――比較文明学の視点から」/

『論集・ドストエフスキーと現代――研究のプリズム』(木下豊房・安藤厚編、多賀出版、2001年)/「『白痴』におけるムイシュキンとロゴージンの形象――オストローフスキイの作品とのかかわりをめぐって」、「ドストエフスキーとダニレーフスキイ――クリミア戦争をめぐって」/

『日本の近代化と知識人――若き日本と世界』(東海大学出版会、1999年) /「日本の近代化とドストエーフスキイ」/

『講座比較文明』第1巻(伊東俊太郎・梅棹忠夫・江上波夫-監修/神川正彦・川窪啓資編、朝倉書店、1999年)/「ヨーロッパ『近代』への危機意識の深化(1)--ドストエーフスキイの西欧文明観」/

 東海大学外国語教育センター編『若き日本と世界ーー支倉使節から榎本移民団まで』(東海大学出版会、1998年)/「日本の開国とクリミア戦争――作家ゴンチャローフが見た日本と世界」/

【絶版】

4885959497

『司馬遼太郎とロシア』(ユーラシア・ブックレット)(東洋書店、2010年)

 

司馬遼太郎の「神国思想」批判と憲法観

ISBN978-4-903174-23-5_xlisbn978-4-903174-33-4_xl

1、「神国思想」の批判

幕末の「神国思想」が「国定国史教科書の史観」となったと指摘した司馬遼太郎は、「日本会議」が正当化している「大東亜戦争」についても、「その狂信的な流れは昭和になって、昭和維新を信ずる妄想グループにひきつがれ、ついに大東亜戦争をひきおこして、国を惨憺(さんたん)たる荒廃におとし入れた」と記していた(『竜馬がゆく』文春文庫より)。

2,「公地公民」制と帝政ロシアの農奴制

「公とは明治以後の西洋輸入の概念の社会ということではなく、『公家(くげ)』という概念に即した公」であり、「(「公地公民」とは――引用者)具体的には京の公家(天皇とその血族官僚)が、『公田』に『公民』を縛りつけ、収穫を国衙経由で京へ送らせることによって成立していた制度」だった(『信州佐久平みち、潟のみちほか』、『街道をゆく』第9巻)。

,坂本竜馬の「船中八策」と独裁政体の批判

坂本竜馬が「船中八策」で記した「上下議政局を設け、議員を置きて、万機を参賛(さんたん)せしめ、万機よろしく公議に決すべき事」という「第二策」を、「新日本を民主政体(デモクラシー)にすることを断乎として規定したものといっていい」と位置づけるとともに、「他の討幕への奔走家たちに、革命後の明確な新日本像があったとはおもえない」と書いた司馬は、「余談ながら維新政府はなお革命直後の独裁政体のままつづき、明治二十三年になってようやく貴族院、衆議院より成る帝国議会が開院されている」と続けていた(『竜馬がゆく』)。

4,明治維新と「廃仏毀釈」運動

安倍政権が明治維新150周年に向けて「明治維新の映画支援検討」との報道も伝えられていますが、「神武天皇の偉業に立ち戻る」ために明治政府が行ったのは、「廃仏毀釈」の運動で大切な仏像などが破壊された。

Lelelenokeee

(破壊された石仏。川崎市麻生区黒川。写真は「ウィキペディア」より)

リンク→日本国憲法施行70周年をむかえて――安倍首相の「改憲」方針と〈忍び寄る「国家神道」の足音〉関連記事を再掲

5,「公」の観念の批判

「海浜も海洋も、大地と同様、当然ながら正しい意味での公のものであらねばならない。/明治後publicという解釈は、国民教育の上で、国権という意味にすりかえられてきた。義勇奉公とか滅私奉公などということは国家のために死ねということ」であった(太字は引用者、『甲賀と伊賀のみち、砂鉄のみちほか』、『『街道をゆく』第7巻)。

参考: 天皇崇敬と皇室祭祀を中心に『公』の秩序を形成するという基本方針は、明治維新の最初期に定まっており、その制度化に向けた布石は、早くから置かれていた」(島薗進著『国家神道と日本人』岩波新書、40頁)。

6、「明治国家」80年説

「明治国家の続いている八十年間、その体制側に立ってものを考えることをしない人間は、乱臣賊子とされた」とし、民主主義的な思想を持っていた「竜馬も乱臣賊子の一人だった」と記した司馬氏はこう続けています。「人間は法のもとに平等であるとか、その平等は天賦のものであるとか、それが明治の精神であるべきです。こういう思想を抱いていた人間がたしかにいたのに、のちの国権的政府によって、はるか彼方に押しやられてしまった」。

ただ、司馬氏は「結局、明治国家が八十年で滅んでくれたために、戦後社会のわれわれは明治国家の呪縛から解放された」と書いていましたが、明治が四五年で終わることを考慮するならば「明治国家」が「八十年間」続いたという記述は間違っているように思う人は少なくないと思われます。しかし、「王政復古」が宣言された一八六八年から敗戦の一九四五年までが、約八〇年であることを考えるならば、司馬氏は「明治国家」を昭和初期にまで続く国家として捉えていたといえるでしょう。(『新聞への思い――正岡子規と「坂の上の雲」』(人文書館、183頁)

、ヒトラー観と昭和前期の日本観

「われわれはヒトラーやムッソリーニを欧米人なみにののしっているが、そのヒトラーやムッソリーニすら持たずにおなじことをやった昭和前期の日本というもののおろかしさを考えたことがあるだろうか」(「『坂の上の雲』を書き終えて」)。

戦後日本の評価

Enforcement_of_new_Constitution_stamp(←画像をクリックで拡大できます)

(日本国憲法施行記念切手、図版は「ウィキペディア」より)

「私は戦後日本が好きである。ひょっとすると、これを守らねばならぬというなら死んでも(というとイデオロギーめくが)いいと思っているほどに好きである」(「歴史を動かすもの」1970年、『歴史の中の日本』中公文庫)。

次頁→ 国民の安全と経済の活性化のために脱原発を――黒澤明監督と本多猪四郎監督の核エネルギー観

国民の安全と経済の活性化のために脱原発を――黒澤明監督と本多猪四郎監督の核エネルギー観

はじめに

2017年2月3日の「東京新聞」は「廃炉費用 いつのまにか高くつく」と題した社説で「クリーンで安全で安い」と自公政権が宣伝してきた原発の問題を鋭く指摘していました。

それゆえ、ここではその全文とともにこれまでツイッターで掲げてきた「原発は過去のエネルギーとすべき」とした私の見解へのリンク先を再掲し、その後で黒澤明監督と本多猪四郎監督の核エネルギー観に迫ります

 国民の安全と経済の活性化のためにも、原発を過去のエネルギーに。

 

800px-Atomic_cloud_over_Hiroshima220px-Nagasakibomb

(広島に投下されたウラン型原子爆弾「リトルボーイ」によるキノコ雲と、長崎市に投下されたプルトニウム型原爆「ファットマン」によるキノコ雲。画像は「ウィキペディア」)。

 

「黒澤明監督と本多猪四郎監督の核エネルギー観」

1、「原爆の申し子」としてのゴジラ

「『ゴジラ』は原爆の申し子である。原爆・水爆は決して許せない人類の敵であり、そんなものを人間が作り出した、その事への反省です。なぜ、原爆に僕がこだわるかと言うと、終戦後、捕虜となり翌年の三月帰還して広島を通った。もう原爆が落ちたということは知っていた。そのときに車窓から、チラッとしか見えなかった広島には、今後七二年間、草一本も生えないと報道されているわけでしょ、その思いが僕に『ゴジラ』を引き受けさせたと言っても過言ではありません」(本多猪四郎監督)。

2,水爆「ブラボー」の実験と「第五福竜丸」事件

1280px-Castle_Bravo_Blast(←画像をクリックで拡大できます)

(「キャッスル作戦・ブラボー(ビキニ環礁)」の写真)

ゴジラの咆哮がスクリーンで轟いたのは、原爆の千倍もの破壊力を持つ水爆「ブラボー」の実験の際にも、その威力が予測の三倍を超えたために、制限区域とされた地域をはるかに超える範囲が「死の灰」に覆われた一九五四年のことであった(『ゴジラの哀しみ』、3頁)。

%e3%80%8c%e7%ac%ac%e4%ba%94%e7%a6%8f%e7%ab%9c%e4%b8%b8%e3%80%8d

(「第五福竜丸」、図版は「ウィキペディア」より)。

公害研究の先駆者の宇井純は「文明の生み出した環境破壊の最悪の例として核兵器を挙げ」、原爆を「日本の公害の原点だ」と位置づけ、「第五福竜丸」事件の際に海洋汚染や大気の汚染を測定した化学者の三宅泰雄も「原子力発電の際、核燃料の燃えかすとして出来るものは、原水爆の『死の灰』と全く同じものである」と指摘していた(『ゴジラの哀しみ』、46~47頁)。

3,水爆大怪獣「ゴジラ」

ゴジラ

(製作: Toho Company Ltd. (東宝株式会社) © 1954。図版は露語版「ウィキペディア」より)

本多猪四郎監督は映画《ゴジラ》についてこう語っていた。「第一代のゴジラが出たっていうのは、非常にあの当時の社会情勢なり何なりが、あれ(ゴジラ)が生まれるべくして生まれる情勢だった訳ですね。…中略…ものすごく兇暴で何を持っていってもだめだというものが出てきたらいったいどうなるんだろうという、その恐怖」。

4,核戦争の恐怖と映画《生きものの記録》

430px-Ikimono_no_kiroku_poster

(東宝製作・配給、1955年、「ウィキペディア」)。

やはり、「第五福竜丸」事件から強い衝撃を受けた黒澤明監督は、「世界で唯一の原爆の洗礼を受けた日本として、どこの国よりも早く、率先してこういう映画を作る」べきだと考えて映画《生きものの記録》(脚本・黒澤明、橋本忍、小國英雄)を製作した(『ゴジラの哀しみ』、32頁)。

5,チェルノブイリ原発事故と「第三次世界大戦」

2015年にノーベル文学賞を受賞したスベトラーナ・アレクシェービッチは、「チェルノブイリは第三次世界大戦なのです」と語っているが、レベル七(深刻な事故)に分類されるチェルノブイリ原発事故では、「三〇㎞ゾーンだけでも、一〇万人近い住民が強制避難させられ」、「今なお多くの地域で、土壌汚染の問題が続いている」(『ゴジラの哀しみ』、62頁)。

Chernobylreactor_1(←画像をクリックで拡大できます)

(4号炉の石棺、2006年。Carl Montgomery – Flickr)

6,福島第一原子力発電所事故と映画《夢》

同じレベル七の福島第一原子力発電所の大事故に際しては、放射能の広がりを表示できるSPEEDIというシステムを持ちながら情報が「隠蔽」されていたために、多くの国民が情報を知らされずに被爆するという結果を招いた。

実は、黒澤映画《夢》の第六話「赤富士」では、原発関係者の男(井川比佐志)が「あの赤いのがプルトニューム239、あれを吸い込むと、一千万分の一グラムでも癌になる。……黄色いのはストロンチューム90」などと説明をした後で、「放射能は目に見えないから危険だと言って、放射性物質の着色技術を開発したってどうにもならない」と続けていた(『ゴジラの哀しみ』、28~29頁)。

Earthquake and Tsunami damage-Dai Ichi Power Plant, Japan(←画像をクリックで拡大できます)

(2011年3月16日撮影:左から4号機、3号機、2号機、1号機。)

fc2_2013-09-21_18-19-44-152

【原発は安全だと!?ぬかしたヤツラは許せない】(黒澤映画《夢》の「赤富士」。ブログ「みんなが知るべき情報/今日の物語」より) blog.goo.ne.jp/kimito39/e/7da… … …… pic.twitter.com/d4MGQKdlmM

7,黒澤明と作家ガルシア・マルケスとの対談

作家のガルシア・マルケスが、「核の力そのものがいけないのではなくて、(中略)核の使い方を誤った人がいけないんじゃないでしょうか」と「核の平和利用」もありうると主張した。

それに対して黒澤は「核っていうのはね、だいたい人間が制御できないんだよ。そういうものを作ること自体がね、人間が思い上がっていると思うの、ぼくは」と語り、「人間はすべてのものをコントロールできると考えているのがいけない。傲慢だ」と続けていた(太字は引用者、『ゴジラの哀しみ』、166頁))。

(2017年2月3日。加筆し、リンク先を追加)