高橋誠一郎 公式ホームページ

3-10、 異形の者への差別――『ノートルダム・ド・パリ』と「桃太郎」譚の批判

3-10、 異形の者への差別――『ノートルダム・ド・パリ』と「桃太郎」譚の批判

Ⅰ.ロシアにおけるユゴーの受容とドストエフスキー

a.「大改革」の時期とドストエフスキーの雑誌『時代』

ドストエフスキー関連年表(1789~1881)

b.外国文学の紹介とユゴーの『ノートルダム・ド・パリ』

Bonnat_Hugo001z (ユゴーの肖像画。画像は「ウィキペディア」より)

c.ドストエフスキーのユゴー観

d.『ノートルダム・ド・パリ』の筋

e.『ノートルダム・ド・パリ』の舞台化と映画化など

ディズニー ノートルダムの鐘 ビデオCM – YouTube ▶ 1:04

劇団四季:ノートルダムの鐘:プロモーションVTR – YouTube – Linkis.com

ЭСМЕРАЛЬДА В Петкун & А Голубев & А Макарский …

https://www.musiclessons.com/youtube/#u0V1oMx3qpA
 

Ⅱ.内田魯庵訳の『罪と罰』における「桃太郎」への言及

a.内田魯庵と『罪と罰』

Crime_and_Punishment-1210px-uchida-roan

(『罪と罰』の図版はロシア版「ウィキペディア」、内田魯庵(1907年頃)、図版は「ウィキペディア」より)

b.『罪と罰』の冒頭部分の主人公の考えの描写と「ゴロフ王」という表現

c.内田魯庵訳における「桃太郎」への言及

d.福沢諭吉における「桃太郎」の批判

(桃太郎とお供の雉・犬・猿。図版は「ウィキペディア」より)

e.福沢諭吉の時代――「尊王攘夷運動」と「天誅」という名のテロ

f.「おとぎ話」と「神話」の構造――「内」対「外」の対立と越境する英雄

g.『桃太郎のロスキー征伐』と長編アニメ『桃太郎の海鷲』

→ 桃太郎の海鷲 (37:04)
 
h.『罪と罰』本編の「おとぎ話」的な構造とエピローグにおけるその克服

i.芥川龍之介の『罪と罰』理解と短編「桃太郎」

 

 

« »