高橋誠一郎 公式ホームページ

3-1、序に代えて――混迷の時代と新しい価値観の模索

3-1、序に代えて――混迷の時代と新しい価値観の模索

Ⅰ. 講義の概要

 a.講義概要

 b.到達目標

 c.授業の流れ

 

Ⅱ.イエスの時代とドストエフスキーの時代

a. イエスの時代

b.ドストエフスキーの時代

ドストエフスキーの家、モスクワ

(Здесь родился Ф. М. Достоевский. Мариинская больница для бедных,NVO – собственная работа,図版はロシア版「ウィキペディア」より)

c.方法としての文学

d.ドストエフスキーの死刑体験と『聖書』

B_pokrovsky_kazn_1849

(セミョーノフスキー練兵場における死刑の場面、ポクロフスキー画。図版はロシア版「ウィキペディア」より)、

d.長編小説『罪と罰』におけるキリストの考察

e. 黒澤明監督の『白痴』観

 

Ⅲ.『ジーザス・クライスト・スーパースター』

 ジーザス・クライスト=スーパースター(1973) [DVD](写真は「アマゾン」より)

a.ロックミュージカルの時代背景

b.ロックミュージカルの内容 

c.映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』

 

Ⅵ、テキスト(必要度B)

『「罪と罰」の受容と「立憲主義」の危機――北村透谷から島崎藤村へ』

(授業では毎回、資料のプリントを配布する)。

 

Ⅵ、推薦する翻訳書(必要度B)

江川卓訳『罪と罰』上中下(岩波文庫)

326135032613603261370

 

Ⅶ. キーワード

自己、他者、言葉、#MeToo、戦争、平和、原爆、環境、法律、死刑、支配と服従

« »