高橋誠一郎 公式ホームページ

1-1、ガイダンス 「不思議の国」ロシア――風土と歴史

1-1、ガイダンス 「不思議の国」ロシア――風土と歴史

第1回講義の流れ

.  ガイダンス 「不思議の国」ロシア――風土と歴史

a,授業概要

b,到達目標

c,授業計画 →1-0-1、「ロシアの社会と文化」のページ構成 

d,参考文献(図書館に配架)

  Ⅱ. ロシアについて

a, ロシアの国旗――「白、青、赤」の横縞。

b,  ロシアの面積と風土――プラストールという言葉

  Ⅲ. ソ連の崩壊とロシア連邦――自己紹介を兼ねて

a.ブルガリアとソ連とへの留学

 →「国際ドストエフスキー・シンポジウム」のお知らせ――ブルガリアとソフィアの画像

第7回国際ドストエーフスキイ・シンポジウム(1989年)に参加して

b.国際ドストエフスキー・学会――旧ユーゴスラビアのリュブリャーナという都市

c.ソ連のミステリー・ツアー

USSR_Republics_Numbered_Alphabetically (Post-Soviet states in English alphabetical order: 1. Armenia; 2. Azerbaijan; 3. Belarus; 4. Estonia; 5. Georgia; 6. Kazakhstan; 7. Kyrgyzstan; 8. Latvia; 9. Lithuania; 10. Moldova; 11. Russia; 12. Tajikistan; 13. Turkmenistan; 14. Ukraine; 15. Uzbekistan、図版は「ウィキペディア」より)

d.ソ連の崩壊とロシアとウクライナとの関係――「ボルシチの記憶」

 

メモ」1 ボルシチ(борщ)はウクライナの郷土料理のスープで、ロシアや東欧の伝統的な料理でもある。ビーツを用いるために深い紅色をしている。 ビーツは「赤蕪(かぶ)」と呼ばれることもあるが、甜菜(てんさい)の砂糖大根に近い

ボルシチ (「ウィキペディア」より)  

第2回講義に向けて――「クイズ」1 イエス・キリストの降誕記念日のクリスマス(Christmas)を、【Χmas】とも表記するのはなぜか。

« »