高橋誠一郎 公式ホームページ

4-1,ロシア語Ⅰ~Ⅳ

4-1,ロシア語Ⅰ~Ⅳ

「ロシア語Ⅰ」

まずは文字と音の関係を学んでいきます。英語のアルファベットは26文字から成りますが、ロシア語のアルファベットは全部で33文字あります。

当然、見慣れない文字も出てきますし、難しく感じるかもしれません。しかし授業に参加すれば、このハードルは必ず克服できます。

初めは単なる記号にしか見えなかった文字が、音を伴う文字として認識できるようになると、ロシア語を勉強する楽しさが増し、一気に世界が広がります。

ロシア文字を覚えて、ロシア語の世界に入って行きましょう。

「ロシア語Ⅱ」

ロシア語Ⅰでは、ロシア語独特のアルファベットを覚え、簡単な挨拶とごく初歩的なロシア語文法を学びました。

ロシア語Ⅱではより本格的なロシア語の勉強になっていきます。

名詞、形容詞等の格変化、動詞の人称変化など覚えることがたくさん出てきます。

しかし、文法規則をただ暗記し、知識として留めておくだけではあまり意味がありません。

その文法を使って何が表現できるのか、実際に口に出して使いながら覚えていきましょう。

「ロシア語Ⅲ」

今期でロシア語の初級文法が終わります。

アルファベットから始まり、格の用法・変化、動詞の人称変化などロシア語独特の文法を学び、この言語の難しさ、楽しさが分かってきたと思います。

ロシア語Ⅲを修了すると、自分のこと、家族のこと、大学、仕事、住んでいる町等、様々な事について話せるようになります。

ロシアに行っても、買い物をしたり、道を聞いたり、日本を紹介したり、様々なコミュニケーションを取ることができるようになります。

実際にロシア語を使う自分をイメージしながら勉強していきましょう。

「ロシア語Ⅳ」

ロシア語Ⅲで初級文法を一通り学びました。

ロシア語Ⅳでは新聞や雑誌がロシア語で読めるよう、もう一歩進んだ文法を学んでいきます。

また会話も今まで学んだ表現を復習しながら、新たな表現を覚えて会話能力の向上を目指します。

« »