高橋誠一郎 公式ホームページ

2-14、混迷の時代と『罪と罰』――映画『罪と罰』と手塚治虫のマンガ『罪と罰』

2-14、混迷の時代と『罪と罰』――映画『罪と罰』と手塚治虫のマンガ『罪と罰』

. クリミア戦争の敗戦と農奴解放

ミュシャ、農奴解放

ムハ(ミュシャ)画、「スラヴ叙事詩」、第19作「農奴解放」、(図版は「ウィキペディア」より)

a.トルストイと農民のための学校

b. ドストエフスキーの農民観と教育の必要性

c.ドストエフスキーが見た西欧文明

d.  大都市(ロンドン)の光と影

Crystal_PalaceCrystal_Palace_-_interior

(「万国博の会場となった水晶宮」と「その内部」、画像はともに「ウィキペディア」より)

 

Ⅱ.『罪と罰』の現代性――『罪と罰』の主人公と「非凡人の理論」

「罪と罰」の受容と「立憲主義」の危機 高橋 誠一郎(著/文) - 成文社 (

a.過渡期の混迷と長編小説『罪と罰』

b.『罪と罰』の推理小説的な構造と西欧近代思想の考察

c. ロシアの社会と映画《罪と罰》

d. ソ連の時代の映画《罪と罰》

e. 『罪と罰』における「夢」の構造と映画《罪と罰》

f.  映画の冒頭のシーン

 

. 手塚治虫と『罪と罰』

a.主な登場人物

罪と罰:マンガwiki:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト

tezukaosamu.net/jp/manga/282.html

b.『罪と罰』の高利貸しの老婆とバーバ・ヤガー

バーバ。ヤガーの絵

バーバ・ヤガー(ヤーガとも記す)(イヴァン・ビリビン画。図版は「ウィキペディア」より))

c.ラスコーリニコフと司法取締官ポルフィーリイ――「非凡人の理論」

d.〝演劇的〟モブシーン

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です