高橋誠一郎 公式ホームページ

1-5、エカテリーナ2世の文化政策――エルミタージュ美術館とロシアのバレエ

1-5、エカテリーナ2世の文化政策――エルミタージュ美術館とロシアのバレエ

リンク→1-0-1、「ロシアの社会と文化」のページ構成と授業概要  

講義の流れ

Ⅰ.エカテリーナ2世(在位1762~1796)の文化政策

a.啓蒙君主としてのエカテリーナ2世

180px-Catherine_II_of_Russia_by_Vigilius_Eriksen_-_Конный_портрет_Екатерины_Великой__-_1762

(「馬上のエカテリーナ」エリクセン画、図版は「ウィキペディア」より)

b. サンクト・ペテルブルクの整備

サンクト・ペテルブルク

旧海軍省、ペトロパヴロフスク要塞、聖イサアク大聖堂、フォンタンカ川、冬宮殿、青銅の騎士

(図版は「ウィキペディア」© AlexTref871より)

サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群 – Wikipedia

c.エカテリーナ2世とピョートル大帝の像

1280px-The_Bronze_Horseman_(St__Petersburg,_Russia)

(図版はプーシキンの叙事詩『青銅の騎士』のモデルとなった「ピョートル大帝の騎馬像」、ロシア語版「ウィキペディア」より)

d.大黑屋光太夫が見た「青銅の騎士」

e. エカテリーナ2世とエルミタージュ美術館

(以下の図版は「ウィキペディア」より)

エルミタージュ美術館1エルミタージュ美術館、ラファエルの聖母

(レオナルド・ダ・ヴィンチ 、ブノアの聖母)(ラファエロ、 コネスタビレの聖母)

エルミタージュ美術館、レンブラントエルミタージュ美術館、ルノワールエルミタージュ美術館、セザンヌ

(レンブラント、放蕩息子の帰還)(ルノワール、ジャンヌ・サマリーの肖像)(セザンヌ、カーテンのある静物)

エルミタージュ美術館、ゴッホエルミタージュ美術館、ゴーギャン

(ゴッホ、ライラックの木)(ゴーギャン、果実を持つ女)

指定図書

(図版は「ユーラシア・ブックレット」の表紙より)。

富田佐知子『エルミタージュとサンクト・ペテルブルク』 (ユーラシア・ブックレット)、東洋書店

目次:歴史のなかのサンクト・ペテルブルク/エルミタージュの誕生/エルミタージュ美術館のコレクション収集史/美術館案内

 

Ⅱ.エカテリーナ2世とロシアのバレエ

a.バレエの移入

b.ロシア・バレエの発展

 ボリショイ劇場、概観ボリショイ劇場、1856

モスクワのボリショイ劇場(©Alexey Vikhrov)とその内部(図版は「ウィキペディア」より)

ワガノワ、バレエ
エスメラルダを踊るワガノワ (1910年頃。図版は「ウィキペディア」より)

c.ロシア・バレエと日本のバレエ

浅田真央 Por una Cabeza+シュニトケ:タンゴ(ロマノフ王朝の最期 …(ユーチューブ)

参考図書 野崎韶夫『ロシア・バレエの黄金時代』新書館

 商品の詳細(図版は「アマゾン」より)
 バレエの王国/ 名作とその舞台 /チャイコフスキーとその作品/ マイヤ・プリセツカヤの芸術 /舞台を支える人たち /舞台の人びと /イン・メモリアム 世界のバレエ/ロシアのバレエ 曲目解説 

 

« »