高橋誠一郎 公式ホームページ

物件

2-27、ロシアのアニメ、そしてジャポニスムとロシアの絵画

.ソ連のアニメ『チェブラーシカ』と日本
 a. アニメ『チェブラーシカ』

b. チェブラーシカという主人公

チェブラーシカ

(チェブラーシカ、Чебурашка. Кадр из мультфильма Романа Качанова «Чебурашка», 1971 год.図版はロシア語版「ウィキペディア」より)

 c. 「チェブラーシカ」という名前

 d. わにのゲーナ

 e. チェブラーシカと日本

  f. チェブラーシカの銅像とぬいぐるみ

 

.  ノルシュテイン監督の「霧の中のハリネズミ」

a. 宮崎駿監督のタルコフスキー観とノルシュテイン観

b.ノルシュテインのアニメについて 

ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき …

c.「霧の中のハリネズミ」(1975) 

霧につつまれたハリネズミ ёжик в тумане – YouTube ▶ 10:23

d.「霧の中のハリネズミ」の評価

 

Ⅲ. ジャポニスムとロシアの絵画

ジャポニスムから見たロシア美術 (ユーラシア・ブックレット)(「書影はアマゾン」より)

a.ジャポニスムについて

b.ロシアの日本絵画コレクターとプーシキン美術館

Gmii.jpg

 (出典は「ウィキペディア」より)

c.ロシアにおける日本美術への関心の高まりとトレチャコフ美術館

Tretyakovskaya gallery.JPG

  (出典は「ウィキペディア」より)

 

Ⅳ. 映画《デルス・ウザーラ》

a. シベリアの乱開発と映画《デルス・ウザーラ》

Дерсу_Узала_афиша

(映画「デルス・ウザーラ」のポスター。図版はロシア語版「ウィキペディア」より)。

b.映画《デルス・ウザーラ》のスタッフとキャスト

c.第一部の主なシーン

 

Ⅱ.日露の文化交流

a. 2018年の日露両国における文化事業と「加藤登紀子のディナーライブ」 

「ロシアにおける日本年」の開催

日本におけるロシア年が日本の学生にもたらすものは? – Sputnik 日本

→加藤登紀子 百万本のバラ – YouTube

→ロシア料理スンガリー・本場のロシア料理専門店に出会った!

b.コンチャロフスキー監督の黒澤監督観

コンチャロフスキー

コンチャロフスキー監督,

『暴走機関車』のポスター、©Golan / Globus Production Northbrook Films – tvtropes.org、Материал из Википедии

c.コンチャロフスキー監督とソ連とロシアの映画、そして演劇

コンチャロフスキー、冬のライオン

Showtime Networkshttp://www.imdb.com/media/rm2394725632/tt0319754

 

2-26、タルコフスキー監督の映画《惑星ソラリス》から黒澤映画《夢》へ

Ⅰ.ソ連のSF映画――タルコフスキーの映画《惑星ソラリス》

a. 黒澤明監督の映画《惑星ソラリス》観

1972_solyaris_1

 (映画《惑星ソラリス》のポスター、ロシア語版「ウィキペディア」より)

b. タルコフスキー監督の黒澤映画《白痴》観

c.  映画《惑星ソラリス》と「ヒロシマ」の問題

 

Ⅱ.映画《サクリファイス》と黒澤映画《夢》

a.映画《サクリファイス》

タルコフスキー・サクリファイス(ラスト) – YouTube

c.映画《夢》の構造――「赤富士」と「鬼哭」

fc2_2013-09-21_18-19-44-152

(画像はブログ「みんなが知るべき情報/今日の物語」より。http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/7da039753df523c21dcd451020f1e99c …

d.「水車のある村」

水車小屋

(撮影地となった大王わさび農場。図版は「ウィキペディア」より)

2-28、黒澤明と日ソ合作映画《デルス・ウザーラ》

Ⅰ.日ソ合作映画《デルス・ウザーラ》 (再掲)

a. シベリアの乱開発と映画《デルス・ウザーラ》

b.映画《デルス・ウザーラ》のスタッフとキャスト

c.第一部の主なシーン

 

Ⅱ.映画《生きものの記録》から映画《デルス・ウザーラ》へ

a. 映画《ゴジラ》と映画《生きものの記録》

ゴジラ

(図版は露語版「ウィキペディア」より)。

【公式】「ゴジラ」予告 初ゴジと呼ばれる記念すべきゴジラの第1作。

3:10

b. 映画《生きものの記録》における主人公の「苦悩」

430px-Ikimono_no_kiroku_poster

→ 生きものの記録(プレビュー) – YouTube

▶ 2:40

c. 二人の主人公――《生きものの記録》の映画《デルス・ウザーラ》

d. 「季節外れの問題作」――映画《生きものの記録》(1955)

 

Ⅲ.日ソ合作映画《デルス・ウザーラ》

a.森林の伐採と気候の変化

b. シベリアの乱開発と映画《デルス・ウザーラ》

Дерсу_Узала_афиша

(映画「デルス・ウザーラ」のポスター。図版はロシア語版「ウィキペディア」より)。

c. 映画《デルス・ウザーラ》における民衆の「英知」

 Арсеньев_В__К__и_Дерсу_Узала

(В. К. Арсеньев и Дерсу Узала、図版はロシア語版「ウィキペディア」より)

 

Ⅳ. 2019年秋の関連講義の案内――「ロシア文学研究」(月-3、木-5)

 

2ー25、 「文明の危機」と「大地との絆」――『罪と罰』と《風の谷のナウシカ》

.  第一次世界大戦後のドイツとソ連  

a.映画『僕の村は戦場だった』の時代的な背景

タルコフスキー

映画《イワンの子ども時代》のポスター、コワレンコ画、Материал из Википедии

b. ドイツの窮状とヒトラーの登場

Bundesarchiv_Bild_102-10541,_Weimar,_Aufmarsch_der_Nationalsozialisten

(世界恐慌で国民の生活がどん底に叩き落されたドイツでは、ヒトラー率いるナチズムの台頭を招く。Bundesarchiv, Bild 102-10541 / Georg Pahl / CC-BY-SA 3.0。図版は「ウィキペディア」より)

c. 「非凡人の理論」とヒトラーの「非凡民族」の理論

d. ナチ党の独裁と独ソ戦

MolotovRibbentropStalin

(独ソ不可侵条約に調印するモトロフ・ソ連外相。図版は「ウィキペディア」より)

e. 少年イワンの憎しみと死

ータルコフスキー、デューラ、(出典は「ウィキペディア」)

デューラーの木版画『黙示録の四騎士』

f.タルコフスキー監督の映画《アンドレイ・ルブリョフ》

 
1280px-Trinity_view

(1890年代に撮影されたトローイッツェ・セールギエフ大修道院の光景。図版は「ウィキペディア」より)

アンドレイ・ルブリョフ(Andrey Rublyov)予告編 – 動画 Dailymotion ▶ 3:13

800px-Angelsatmamre-trinity-rublev-1410

(映画《アンドレイ・ルブリョフ》より《至聖三者》のイコン。図版は「ウィキペディア」)

Ⅱ.「やせ馬が殺される夢」と「王蟲」の子供が殺される夢

%e3%80%8a%e9%a2%a8%e3%81%ae%e8%b0%b7%e3%81%ae%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%b7%e3%82%ab%e3%80%8b

(《風の谷のナウシカ》、図版は「Facebook」より)。

a.黒澤明と宮崎駿の対談と「やせ馬が殺される夢」

黒澤明、宮崎駿、アマゾン、大(図版は「アマゾン」より)

b.宮崎駿監督の『罪と罰』観

c.「世界の終わり」と「大地との絆」のテーマ

d.ラスコーリニコフの行動と敵兵に襲われた際のナウシカ

e.裁判で明かされるラスコーリニコフの一面

f.ナウシカの見る「王蟲」の子供の殺される夢

g.ベケートフの自然観からレイチェル・カーソンの生態学へ

商品の詳細(書影は「アマゾン」より

2-26、タルコフスキー監督の映画《惑星ソラリス》から黒澤映画《夢》へ 

2ー24、「芸術座」の『その前夜』から黒澤映画《生きる》へ――「ゴンドラの唄」と映画《僕の村は戦場だった》をめぐって

Ⅰ. 相馬黒光と「中村屋サロン」

a.朝ドラ「なつぞら」と「中村屋」
 
b. 相馬黒光と「中村屋サロン」
c.松井須磨子の『その前夜』と「ゴンドラの唄」
 

.盲目の詩人エロシェンコと清水安三

清水安三と中国(書影は紀伊國屋書店のウェブより)

a.清水安三とトルストイ

b.盲目の詩人エロシェンコ

c.エロシェンコと日本

d.エロシェンコとアジア

e.エロシェンコと清水安三

 

Ⅲ. 『復活』の受難

a. 滝川幸辰教授の『復活』論と京大事件

b. 黒澤映画《我が青春に悔いなし》と京大事件

わが青春に悔なし No Regrets for Our Youth 1946 Opening Kurosawa …

c.「ゴンドラの唄」と黒澤映画《生きる》

2-23、ロシアの音楽と日本――『復活』の「カチューシャの唄」

Ⅰ. ロシアの音楽と日本

a.「チャイコフスキー国際コンクール」と日本

 

b.ラフマニノフの作品と日本人

浅田真央(Mao Asada)選手 4CC 渾身の「鐘」 実況解説無し – YouTube

河村尚子 Hisakokawamura ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 … – YouTube

c.ラフマニノフの生涯と作品プーシキンの作品

d. ラフマニノフとチェーホフ

 

. 徳富蘇峰のトルストイ観の変化と内田魯庵の『復活』の翻訳

a.徳富蘇峰のトルストイ観と徳冨蘆花

b.第一次世界大戦と徳富蘇峰のトルストイ観の変化

c.新聞『日本』とトルストイの『復活』訳の連載

 

Ⅲ. 日露交流と中村屋の創始者・相馬黒光(こっこう)

a.島崎藤村と相馬黒光

b.相馬黒光と「中村屋サロン」

創業者ゆかりの人々

c.松井須磨子と「カチューシャの唄」

カチューシャの唄 (復活唱歌) 「美空ひばり」 Mayu – YouTube

d.ツルゲーネフの『その前夜』の上演と「ゴンドラの唄」

 

2-22、ロシアのバレエと日本

Ⅰ.  サンクト・ペテルブルクの文化とバレエ

a.エカテリーナ2世の文化政策

b.ロシアのバレエとワガノワ・バレエ・アカデミー

マリインスキー劇場

サンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場©Savin。(図版は「ウィキペディア」より)

→280年の歴史を誇るワガノワ・バレエ・アカデミーを訪問! | オーチャード …

www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/18_gala/topics/998.html
ワガノワ、バレエ
エスメラルダを踊るワガノワ (1910年頃。図版は「ウィキペディア」より)

 

Ⅱ.ロシア革命と日本

a.  連合軍の干渉とシベリア出兵

シベリア出兵

1918年、ウラジオストクでパレードを行う各国の干渉軍(図版は「ウィキペディア」より)

b.  シベリア出兵の経過

シベリア出兵日本シベリア出兵日本2

シベリア出兵を伝える日本のプロパガンダ版画『救露討獨遠征軍画報』(図版は「ウィキペディア」より)

c.  司馬遼太郎の批判

d.  堀田善衞の『夜の森』におけるシベリア出兵

e. シベリア出兵と米騒動

f.シベリア出兵と炭坑夫たちの暴動

g. 菊地昌典「歴史的現実とモノローグの世界」――「夜の森」解説

 

Ⅲ. 日本のバレエとエリアナ・パヴロバ

a. 日本バレエの母と日本バレエ発祥の地

七里ガ浜のパブロワ記念館のページへ – 日本バレエ協会

www.j-b-a.or.jp/o/pavlova.html

BS朝日 – 草刈民代 日本バレエの母を求めて ~エリアナ・パヴロバの波乱 …

www.bs-asahi.co.jp/kusakaritamiyo/

c. バレエ「瀕死の白鳥」

Maya Plisetskaya: “The dying swan”– 長さ: 5:19。

ear8002

 

2-21、チェーホフとトルストイ――「子犬を連れた貴婦人」をめぐって

 Ⅰ.チェーホフと日本の演劇

a.その後のチェーホフ

Anton_Chekhov_reads_The_SeagullMHAT_Logo

(中央で戯曲『かもめ』を読むのがチェーホフ、左隣にスタニスラフスキー、右端はメイエルホリド。劇団のシンボル・マークの図版は露語版「ウィキペディア」より

b.チェーホフと日本の演劇

c.日本での 「かもめ」の主な上演

 

Ⅱ. チェーホフとトルストイ

a.『アンナ・カレーニナ』のアンナとヴロンスキイ

b.チェーホフの『アンナ・カレーニナ』観

c.「小犬を連れた貴婦人」のグーロフとアンナ

小犬を連れた貴婦人 [DVD]

d.結末の違いと「子犬を連れた貴婦人」における風景描写

e.チェーホフの死とトルストイ

f.「子犬を連れた貴婦人」における日本

Cover of the Vocal Score of Sidney Jones' The Geisha.jpg

シドニー・ジョーンズ作曲のオペラ『芸者』(The Geisha)のポスター

 

2-20、チェーホフと日本――初期の短編から『サハリン島』へ

.  チェーホフの生涯と文学

Anton_Tschechow

(アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフの写真、図版は「ウィキペディア」より)

a. チェーホフの戯曲

b. チェーホフのと文学手法と短編『小役人の死』

c. チェーホフの短編『小役人の死』

d. 「ちっぽけな人間」の形象とチェーホフの手法

e. 弟へのチェーホフの手紙

 

Ⅱ. 『サハリン島』と「子犬を連れた貴婦人」

a. 『サハリン島』

 

b. チェーホフとトルストイ――『アンナ・カレーニナ』と「子犬を連れた貴婦人」

 

 

 

2-19、日露戦争から第一次ロシア革命へ――映画《戦艦ポチョムキン》

. 「血の日曜日」事件から第一次ロシア革命へ

a. 専制国家と官僚

b.  輸送船・ルーシ号と戦艦ポチョムキン号の反乱

Potemkinmarch

(映画《戦艦ポチョムキン》より、「オデッサの階段」のシーン。画像は「ウィキペディア」)

c. 「血の日曜日」事件

Repin_17October

(イリヤ・レーピン作、1905年10月17日、図版は「ウィキペディア」より)  

d.『父が子に語る世界史』と『坂の上の雲』における日韓併合の批判

 

Ⅳ.映画『戦艦ポチョムキン』と第一次ロシア革命

a.映画『戦艦ポチョムキン』(1925)

b.セルゲイ・エイゼンシュテイン監督と映画『戦艦ポチョムキン』

c.日本での公開