高橋誠一郎 公式ホームページ

日本ペンクラブ

FAQ

Ⅰ-7,「脱原発を考えるペンクラブの集い」part4、3月15日のお知らせ

 

「脱原発を考えるペンクラブの集い」part4 

 ~福島原発事故 ― 総理大臣として考えたこと~

 

 国家存亡の危機に至っても、官邸には正確な情報が上がってこなかった。

 官邸が最初の水素爆発を知ったのは、事故後1時間以上も経ってから放送されたテレビ画面からだった。官邸に派遣されていた3人の専門家たち。斑目原子力安全委員会委員長、東電の武黒フェロー、寺坂安全保安院院長は、あいまいで無責任な説明をくり返すだけ。

 意図的か? 無能が原因か? とてつもない原子力村のサボタージュが見え隠れする。原子力村は、メルトダウンの予測も、放射能拡散のシュミレーション「スピーディ」のデーターも隠し続けた。首相自ら現地へ向かったり、東電本社に乗り込まざるを得なかった事情があるようだ。

 事故の体験で、思い切って「脱原発」に政策転換した当時の最高責任者・菅直人氏から話を聞く!

 

共  催;日本ペンクラブ、専修大学人文ジャーナリズム学科

開催日時;2014年3月15日(土) 14時~17時

会  場;専修大学神田校舎303教室(千代田区神田神保町3-8)

参加無料;500名先着順。申込不要。

司 会 中村敦夫(理事・環境委員長)

 

<内 容>

開会挨拶   浅田 次郎(会長)

第1部 講演 菅 直人

(1946年10月10日山口県宇部市生まれ。東京工業大学理学部応用物理学科卒。衆議院 議員(11期)、弁理士。厚生大臣、副総理、財務大臣、第94代内閣総理大臣を歴任。現民主党最高顧問)

第2部 質疑応答

質問者 茅野裕城子(理事・女性作家委員会委員長)

     山田 健太(理事・言論表現委員長)

     吉岡  忍(専務理事) 他

専修大学/〈交通アクセス〉

水道橋駅(JR)西口より徒歩7分

九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分

神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分

 

詳しくは日本ペンクラブの下記のリンク先で確認してください。

  「脱原発を考えるペンクラブの集い」part4  3月15日開催 

Ⅰ-6,「リレートーク 表現の自由が危ない!」

日本ペンクラブからのご案内

「リレートーク 表現の自由が危ない!」12月6日開催!

日本ペンクラブ×自由人権協会×情報公開クリアリングハウス

―シンポジウム国家秘密と情報公開第3弾―

「リレートーク 表現の自由が危ない!」

 

○日時 2013126日(金) 17時~18

 

○場所 衆議院第一議員会館国際会議室

  http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

 ○定員 90名(事前申し込み優先)

 ○参加費 無料

 ○申込み https://ssl.kokucheese.com/event/entry/132563/

 ○問合せ 日本ペンクラブ 03-5614-5391

             

          ちらしはこちら 緊急シンポ第三弾1206.pdf 

◇発言

 吉岡 忍(日本ペンクラブ専務理事・作家)

 西木 正明(日本ペンクラブ常務理事・獄中作家委員会・作家)

 野上 暁(常務理事・財務委員長・作家)

 中村 敦夫(日本ペンクラブ理事・環境委員長・作家)

 山口 勝廣(日本写真家協会理事・写真家)

 山 了吉(日本雑誌協会・小学館)

     ※他日本ペンクラブの理事を予定

 

 ○賛同団体

日本写真家協会、メディア総合研究所、日本雑誌協会 ほか

 

いよいよ特定秘密法後法案の審議も大詰めを迎えています。

 提案者の自民・公明のほか、修正案に加わった、維新・みんなの各党からも、審議不十分の声が挙がっています。しかも審議中の参議院は裁判所から選挙 無効の判断が示され、法案作成の資格がないとされた存在です。

 そうしたなかで、衆議院に続き、参議院についても儀礼的な問答だけで法案 を成立させることがあっては民主主義社会の根幹が揺らぎます。そして何より、この法案が私たち表現者にとって自由な表現活動を厳しく縛る可能性になること を深く強く憂慮します。

Ⅰ-5,「特定秘密保護法案」の強行採決に抗議する日本ペンクラブの声明

 

 本日、政府与党と一部野党は衆議院特別委員会において特定秘密保護法案を強引に採決した。

 私たち日本ペンクラブはこれに対し、深い失望を覚えるとともに、大いなる怒りを込めて抗議する。

 政府行政の恣意によって広範な「特定秘密」を指定することを可能にするこの法案が、市民の知る権利を侵害し、行政情報の透明化の流れに逆行することを、私たちはくり返し指摘してきた。為政者にとって不都合な情報を隠蔽し、ジャーナリズムや作家、研究者、表現者と市民による秘密への接近を厳罰をもって規制することは、この社会の内部にも、近隣諸国とのあいだにも疑心暗鬼と敵対感情を生じさせ、不穏な未来をもたらすだろう。

 私たちはこの間、衆議院の審議を注意深く見守ってきたが、この法案の成立をめざす政府与党と一部野党議員らのつたなく、杜撰な対応に唖然とするしかなかった。かつてこのような秘密保護法制を持ったこの国の悲惨な歴史と、いまも同種の法制を持つ国々の現状に関する無知は目を覆うばかりであった。

 今後、衆議院本会議の進行次第では、この特定秘密保護法案は参議院の審議に付されることになるが、私たち日本ペンクラブは、「良識の府」たる参議院の議員諸氏によって本法案の不当性が明らかにされ、廃案とされることを強く求めるものである。

 20131126

 一般社団法人日本ペンクラブ

会長 浅田次郎

追記:日本ペンクラブのリンク先も記しておきます.

 「特定秘密保護法案の衆議院特別委員会強行採決に抗議する声明」