高橋誠一郎 公式ホームページ

立憲主義

お知らせ(1)

*新刊

『「罪と罰」の受容と「立憲主義」の危機 北村透谷から島崎藤村へ

「罪と罰」の受容と「立憲主義」の危機 高橋 誠一郎(著/文) - 成文社 (装丁:山田英春) 

〔明治の文学者たちの視点で差別や法制度の問題、「弱肉強食の思想」と「超人思想」などの危険性を描いていた『罪と罰』の現代性に迫り、さらに、「教育勅語」渙発後の北村透谷たちの『文学界』と徳富蘇峰の『国民の友』との激しい論争などをとおして「立憲主義」が崩壊する一年前に小林秀雄が書いたドストエフスキー論と「日本会議」の思想とのつながりを示唆する。〕

成文社 http://www.seibunsha.net/books/ISBN978-4-86520-031-7.htm /〔四六判上製/224頁/2000円/2019年2月〕

はじめに 危機の時代と文学――『罪と罰』の受容と解釈の変容  

あとがきに代えて   「明治維新」一五〇年と「立憲主義」の危機

 

新著に向けて
『堀田善衞と小林秀雄――「若き日の詩人たちの肖像」を読み解く』(仮題)

〔「昭和維新」を唱えた青年将校たちによる二・二六事件の前日に上京した若者と詩人たちとの交友を通して治安維持法が強化された暗い昭和初期を描いた堀田善衞の自伝的な長編小説『若き日の詩人たちの肖像』を詳しく読み解く。

戦争の前年に『我が闘争』の書評を書いていた評論家・小林秀雄が1960年に「ヒットラーと悪魔」を発表したことの背景と意味を堀田善衞の視点で分析することにより、坂口安吾が「教祖」と読んだ小林秀雄と「日本会議」との関係に迫る。〕

堀田善衞のドストエフスキー観――『若き日の詩人たちの肖像』を中心に

『若き日の詩人たちの肖像』における「耽美的パトリオティズム」の批判(1~6)

 

『「罪と罰」の受容と「立憲主義」の危機』関連の主な著書と編著:

『黒澤明と小林秀雄――「罪と罰」をめぐる静かなる決闘』(成文社、2014年)、『黒澤明で「白痴」を読み解く』(成文社、2011年)、『ロシアの近代化と若きドストエフスキー ――「祖国戦争」からクリミア戦争へ』成文社、2007年)、『ドストエフスキイ「地下室の手記」を読む』リチャード・ピース著、池田和彦訳、高橋誠一郎編、のべる出版企画、2006年)、『欧化と国粋――日露の「文明開化」とドストエフスキー』刀水書房、2002年)、『「罪と罰」を読む(新版)――〈知〉の危機とドストエフスキー』刀水書房、2000年)

お知らせ(2)

*朗読劇「線量計が鳴る」脚本・主演:中村敦夫)

線量計が鳴る2(←画像をクリックで拡大できます)

 →元・原発技術者と木枯し紋次郎――朗読劇「線量計が鳴る」を観る(上演スケジュール) 

 

*世界文学会 2017年度連続研究会 「夏目漱石と世界文学」

→高橋、夏目漱石と正岡子規の交友と作品の深まり――「教育勅語」の渙発から長編小説『三四郎』へ(レジュメとユーチューブの動画1,2) 

(漱石と子規との交友だけでなく、明治の『文学界』の北村透谷と島崎藤村の交友や『国民之友』の社主・徳富蘇峰の関係をも視野に入れることで、「明治憲法」の発布と「教育勅語」の渙発から長編小説『三四郎』への流れを考察した。)

子規の青春と民主主義の新たな胎動

ISBN978-4-903174-33-4_xl『司馬遼太郎の平和観――「坂の上の雲』を読み直す』、紀伊國屋