高橋誠一郎 公式ホームページ

稲田朋美・防衛相の教育観と戦争観――『古事記と日本国の世界的使命』を読む(増補改訂版)

稲田朋美・防衛相の教育観と戦争観――『古事記と日本国の世界的使命』を読む(増補改訂版)

はじめに

先ほど、次のような理由による「稲田朋美(弁護士)懲戒請求嘆願署名」に賛同する署名をし、ツイッターとFacebookに掲載しました(2017年3月19日)。

「稲田朋美氏の森友問題での国会予算委員会の野党議員の追求、質問に対する答弁は、森友学園の顧問弁護士としての立場でありながら詭弁の数々を並べ立て、弁護士倫理に反するため、よって大阪弁護士会に懲戒請求を嘆願、要求します。」

しかも、稲田防衛相には南スーダンに派遣された陸上自衛隊の「日報」情報の隠蔽という大きな問題にも関わっている可能性が指摘されていますので、下記のようなコメントも記しました。

〔「日本国憲法」にではなく、戦争を賛美した戦前版の『生命の実相』の教えに従った稲田朋美氏の言動は、「弁護士倫理」に明確に反していると思われます。〕

稲田氏の宗教観の危険性については昨年8月9日に書いた〔「谷口雅春著『古事記と日本国の世界的使命――甦る『生命の實相』神道篇』を読む」)という記事でふれていました。

上記の箇所を加筆し、改題して再掲します。

   *   *   *

「戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」という記述がある戦前版の『生命の實相』を「ずっと生き方の根本に置いてきた」と語っていた稲田朋美氏が安倍首相によって防衛大臣に任命されました。

それに対して海外のジャーナリズムは警鐘を鳴らしていますが、安倍内閣では何の異論も出なかったようですし、日本のマスコミもまだ沈黙しています。。

このような状況に強い危機感を覚えて、専門外であるにも関わらず、ともかく徴兵制や核武装など稲田氏の信念の中核を担っていると思われる谷口雅春著『古事記と日本国の世界的使命――甦る『生命の實相』神道篇』を急遽、読んでみました。

「編者はしがき」は、刊行の目的を「本書によって、一人でも多くの方が天皇国日本の実相と、その大いなる世界的使命について認識を新たにされるなら、編者として幸いこれに過ぐるものはない」と記しています(太字は引用者)。

「日本会議」研究のためのノートのような形で以下に感想を記します。新宗教に関しては素人ですので、間違いなどがあればご批判やご助言を頂ければ幸いです。

(なお、2008年にこの著書を刊行した光明出版社と現在の「生長の家」は別の組織です。宗教学者の島薗進氏によれば、宗教団体「生長の家」はエコロジー路線への転換をしており、旧生長の家の政治勢力とは対立しており、安倍政権に対しても「日本を再び間違った道へ進ませないために、明確に『反対』の意思を表明」しています)。

*   *   *

最近、自民党の代議士の三原じゅん子氏が「神武天皇以来の憲法をつくらないといけない」と真顔で言ったことが話題になりましたが、本書の冒頭で「『古事記』とは何か」と問いかけた著者の谷口氏は「これが日本に於(お)ける最も古き正確なる歴史であるということになっているのであります」と書いていました(3頁)。

そして「歴史を研究する目的」として、「現象界(げんしょうかい)に実相(じっそう)が如何(いか)に投影し表現されて来るかということ」の大切さを説いた著者は、こう続けています。

「大宇宙に於(お)ける日本国の位置及びその将来性を知り、現在自分が国家構成の一員として及び個人として如何(いか)に生きて行くべきものであるか、将来この世界は如何に発展して行くべきものであるかということをはっきりさせるためのものが歴史の研究であります」(4―5頁)。

驚いたのは、神道の説く「八百万の神々」とは異なり、ここでは『古事記』の「三柱(みはしら)の神は並(みな)独神(ひとりがみ)」という表現を「その儘(まま)素直に、絶対の神様を知っていた」と読むべきであると記されていたことです(7頁)。

そして「天照大御神」を「高天原」という「大宇宙の主宰者」と規定した著者は、「太陽神は天地万物一切所に在(いま)すと考えるのが本当であります。これを物質科学では太陽のエネルギーの変化したものであると云(い)っていることに当るのです」と記し(67頁)、さらに物理学をも視野に入れて教理を次のように説明しています。

「『生長の家』の実相観を修得していますと、生命の実相(ほんとうのすがた)は動(どう)であって静(せい)ではないという事が判(わか)って来るのであります」とし、「絶対は動(どう)である、ベルグソンの説いたように創造的進化の世界なのであります」とその説を展開しています(86-87頁)。

これらの箇所は、小林秀雄のベルクソン観や本居宣長観にも関わり、興味深いので機会を改めて考察することにします。

*   *   *

その後、「夫唱婦和は日本が第一」から、「無限創造は日本が第一」、「一瞬に久遠を生きる金剛不壊の生活は日本が第一」、「無限包容の生活も日本が第一」「七德具足の至美至妙世界は日本が第一」と、ほほえましいようでナチスの「ドイツ民族優秀説」を思い起こさせるような節が続きます。

問題は「世界に真平和が起ころうとするには、先ず、大戦争が起る」と記していた著者が(62頁)、この後で須佐之男命(すさのおのみこと)の「八岐大蛇(やまたのおろち)退治」という神話の話と「黙示録」の「赤い龍」の話を結びつけた形で「世界戦が予言」されえていたばかりでなく、日本の勝利も約束されていると説いていることです。

すなわち、「殺人は普通悪いと考えていますが、戦争に出て敵兵を殲滅するのは善である。全ては地(ところ)を得た時にそれが初めて善となり、地(ところ)を得ない時にそれが悪となる」と書いて戦争の必然性を記した著者は、「皇国不敗」と「神州不滅」の考えをこう記しています(118頁)。

「如何(いか)なる時にもわが日本国は神に守られておるのでありますから、滅びるなどということはない、愈々(いよいよ)の時には元寇(げんこう)の役(えき)のようなことが、起る、愈々の時には宇佐八幡(うさまちまん)の神勅(しんちょく)が下される。日本の国は永遠に如何(いか)なる敵国の精兵も如何なる奸物(かんぶつ)の妖牙(ようが)も到底犯すことは出来ないのであります

そして、『古事記』に書かれている天照大御神(あまてらすおおみかみ)を「天野岩戸」から再引き戻したという記載を引用しながら、「暗黒苦痛の時が来たなら一層久遠の真理善き言葉の力を使って、その言葉の力によって光を招(よ)び出すようにしなければならない」(133頁)とし、「言霊」の働きを強調しながら、「どんなに悪い時にも、どんなに暗澹と暗い時にも愉快そうに笑っている…中略…そうして皇霊を遙拝し、祖先の霊魂を祀り、…中略…何でも『有難い、有難い』と感謝していますと、本当に有難くなって来る」と説いているのです(140頁)。

その後で、「世界戦」は「ユダヤ民族の守護神と日本民族の守護神との戦い」になると予言した著者は、「かく、世界各国互(たがい)に相(あい)戦って、さしも強大を誇った独逸(ドイツ)国の皇帝がなくなるとか、露西亜(ロシア)の皇帝がなくなるとか、或(あるい)は何処其処(どこそこ)の皇帝がなくなるという具合(ぐあい)に、唯物論は唯物論と相戦って自壊して総(すべ)て滅んでしまう」が、「最後に一つの国だけが滅びないのであります」と続け、その理由をこう説明しています(172頁)。

「草那藝神剣(くさなぎのしんけん)は三種(さんしゅ)の神器(しんき)の一つでであって、日本の国土をあらわすと共に、日本の皇位(こうい)の金剛不壊、永遠性をあらわしている」。

ただ、この戦いが厳しいものになることも予想していた著者は、「『今の一瞬に久遠(くおん)の生命を生きる』という事が日本精神であります」とし、「上海事変の爆弾三勇士」などに言及しながら、「戦場に於(お)ける兵士の如く死の刹那(せつな)に『天皇陛下万歳!』と唱えつつ死んで行く人が沢山あります」(205頁)が、「あれは死んだのではない、永遠に生きたのであります」と続けているのです(211頁)。

つまり、特攻隊員を描いた小説に百田尚樹氏の『永遠の0(ゼロ)』という作品がありますが、戦前に書かれた谷口雅春著『古事記と日本国の世界的使命』によれば、「神風特攻隊」のような「自己」を無(ゼロ)にした「特攻」による戦死は、個人の死ではなく「永遠に生きること」になるのです。

%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%81%ae%e5%93%80%e3%81%97%e3%81%bf%e8%a1%a8%e7%b4%99%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e8%a3%8f%e5%b8%af%e4%bb%98(←書影をクリックで拡大できます)

その意味で重要と思われるのは、「榊(さかき)の枝や松の枝に白い御幣(ごへい)をつけて捧げる」、「玉串捧呈(たまぐしほうてい)」という神道の行事がこう説明されていることです。「玉串捧呈というのは、自分の霊を串にさして神様に捧げるというので全我(ぜんが)の抛棄(ほうき)を意味しています」(135頁)。

最後に再び『古事記』によりながら、「日本の皇位(こうい)というものは久遠永遠の昔から続くところの金剛不壊(こんごうふえ)の存在」であり、「日本の国土が全世界に拡(ひろ)がって日本の天皇陛下が久遠(くおん)の昔からこの世界を統治し給(たま)うべき御位(くらい)を持っていられる実相(じっそう)が明瞭になって来た」と記した著者は、こう強調しています(219頁)。

「神武(じんむ)天皇御東征(ごとうせい)の砌(みぎり)、東道(みちびき)として、御働き遊ばしたのも、盬椎の翁(しおつちのおきな)であります。この盬椎翁(しおつちのおきな)というのが生長の家の神様であります」(221頁)。

*   *   *

GHQの検閲によって出版停止処分を受けた『生命の實相』(第16巻)神道編(昭和16年9月1日発行)の復刻版『古事記と日本国の世界的使命――甦る『生命の實相』神道篇』の内容を大急ぎで概観しました。

全体を読み終えて感じたのは、翌年には満州事変がおき、1933年にはナチスが政権を握るなど、日本が大戦争の危機に直面していた1930年に創立された当時の「生長の家」の性格をこの書がよく反映しているだろうということです。

「日本会議」の論客の主張に注意を促した山崎雅弘氏は、「もし『大東亜戦争』が『侵略ではなく自衛戦争』であるなら、自民党の憲法改正案が実現した時、理論的には、日本は再び『大東亜戦争』と同じことを『自衛権の発動』という名目で行うことが可能」になると指摘していました。

安倍政権の好戦性は、「戦争法」の強行採決や稲田氏の防衛大臣任命に顕著に表れています。このような安倍政権による憲法違反の「改憲」が行われ、「新しい歴史教科書をつくる会」や「日本会議」の推す歴史教科書が用いられるようになれば、このような教育を受けた若者たちがテロとの戦いだけでなく、「報復の権利」を主張する時の政府によって、「ユダヤ民族の守護神と日本民族の守護神の戦い」に巻き込まれる可能性はきわめて高いように思われます。

「日本国民」の安全が保障されるためには、国際社会から厳しい批判が出ている稲田氏の罷免が必要でしょう。

*   *

以下に、関連記事へのリンク先を記す。

稲田朋美・防衛相と作家・百田尚樹氏の憲法観――「森友学園」問題をとおして(増補版)

ヒトラーの思想と安倍政権――稲田朋美氏の戦争観をめぐって

安倍首相の年頭所感「日本を、世界の真ん中で輝かせる」と「安倍晋三記念小学校」問題――「日本会議」の危険性

菅野完著『日本会議の研究』と百田尚樹著『殉愛』と『永遠の0(ゼロ)』

 オーウェルの『1984年』で『カエルの楽園』を読み解く――「特定秘密保護法」と監視社会の危険性

(2016年8月15日、。一部を改訂し改題。2017年3月19日、青い字の箇所を加筆改訂し、リンク先と書影を追加)

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>