高橋誠一郎 公式ホームページ

タイトル一覧Ⅰ (ドストエフスキー、ロシア文学、小林秀雄関係)

タイトル一覧Ⅰ (ドストエフスキー、ロシア文学、小林秀雄関係)

リンク→タイトル一覧Ⅱ (司馬遼太郎、正岡子規、近代日本文学関係)

86l

 

タイトル一覧Ⅰ (ドストエフスキー、ロシア文学、小林秀雄関係)

「小林秀雄の良心観と『ヒロシマわが罪と罰』」関連記事一覧

「なぜ今、『罪と罰』か」関連記事一覧

長瀬隆氏の「アインシュタインとドストエフスキー」を聴いて

堀伸雄氏の「黒澤明と『カラマーゾフの兄弟』に関する一考察」を聴いて

「広場」23号合評会・「傍聴記」

『復活』の二つの訳とドストエフスキーの受容

木下豊房氏「小林秀雄とその同時代人のドストエフスキー観」を聴いて

大木昭男氏の「ドストエーフスキイとラスプーチン」を聴いて

「テロと新しい戦争」の時代と「憲法」改悪の危険性

「暗黒の三〇年」と若きドストエフスキー

リチャード・ピース名誉教授の訃報に接して

学徒兵・木村久夫の悲劇と映画《白痴

小林秀雄の『罪と罰』観と「良心」観

あとがきに代えて──小林秀雄と私

黒澤映画《夢》と消えた「対談記事」の謎〔改訂版〕

日本における『罪と罰』の受容――「欧化と国粋」のサイクルをめぐって

「様々な意匠」と隠された「意匠」

ムィシキンの観察力とシナリオ『肖像』――小林秀雄と黒澤明のムィシキン観をめぐって

「不注意な読者」をめぐって(2)――岡潔と小林秀雄の『白痴』観

「不注意な読者」をめぐってーー黒澤明と小林秀雄の『白痴』観

テキストからの逃走――小林秀雄の「『白痴』についてⅠ」を中心に (発表要旨) 

黒澤映画《夢》の構造と小林秀雄の『罪と罰』観 

「『地下室の手記』の現代性――後書きに代えて」

The Acceptance of Dostoevsky in Japan

サンクト・ペテルブルクでの国際比較文明学会の報告

ドストエフスキー生誕記念国際会議(1996年)に参加して

第九回国際ドストエフスキー・シンポジウムに参加して

第八回国際ドストエフスキー・シンポジウムに参加して

第七回国際ドストエーフスキイ・シンポジウムに参加して

「研究活動・前史」と「引率時の体験とIDSでの発表」など

« »