高橋誠一郎 公式ホームページ

12月

「緊急事態条項」の危険性

戦前の価値観への復帰を目指す「日本会議」に支えられた安倍元首相の「国葬」を行った岸田首相が目指す自民党の改憲の草案には、国会も通さずに政府が自由に法律を制定できるという「緊急事態条項」も含まれている。 以下に、その危険性を訴えたツイートを列挙する。

ヒトラーが悪用した「大統領緊急措置権」

「緊急事態条項」のさまざまな問題点

国民投票の問題点

教団側が動員した“改憲集会”に岸田総理も出席。ユーチューブの映像

国民民主党・玉木雄一郎代表の国防観

2023/12/27、2024/01/07、加筆

改憲をめざす自民党議員連盟の初会合が桜井よしこ氏を講師として招いて開催される

参議院議員・小西ひろゆき氏:「自民は臨時国会の衆院憲法審で、来年の通常国会の条文作成機関の設置を何度も提案しています。 取り返しがつかなくなる事態がどんどん迫っています。」

「初会合にジャーナリストで保守層に影響力をもつ桜井よしこ氏を講師に招いた。出席者は議員と代理あわせて72人」

「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表・櫻井よしこ氏 は、
戦前の価値観への回帰を主張する
田久保忠衛「日本会議」会長との連名で
「憲法も学術会議も国家・国民の足枷と化した」と 「学術会議」の廃止を求める大々的な意見広告を掲載しています。

しかし、櫻井氏は「エバ国家日本はアダム国家韓国に貢ぐことを義務づけられている」とする韓国の #統一教会(現・世界平和統一家庭連合)を母体とする『世界日報』の集会でも講演していました。

画像

「赤字国債を出してでも必要な軍事費は防衛国債という形でやってもいいのではないか」と主張する彼女の戦争観は、第三次世界大戦の必然性を強調する#統一教会の理念と重なっています。

今朝の「読売」「日経」「産経」に掲載された「国家基本問題研究所」の「#日本会議」的な内容の意見広告。 「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表・櫻井よしこ氏 は、 田久保忠衛「日本会議」会長との連名で
「憲法も学術会議も国家・国民の足枷と化した」と 「学術会議」の廃止を求める大々的な意見広告を掲載しています。

統一教会の「黙示録」観

2023/12/18、改訂、改題

主なスレッドの項目・目次Ⅱ

【夏目漱石の「明治維新」観と司馬遼太郎の『坂の上の雲』】

〔明治の文学者の視点で『罪と罰』を読み解く――『「罪と罰」の受容と「立憲主義」の危機』〕


〔 「維新」という思想の批判的考察〕

〔 『ヒロシマわが罪と罰』と堀田善衞の『審判』〕(改題)

〔小林秀雄のヒトラー観 〕

〔 『永遠の0』の危険な構造を分析する〕

旧日本軍を批判しているように見えながら巧妙に読者を誘導して、「特攻」を美化する価値観へと導く『永遠の0』の危険な構造を分析する。 ⇒ホームページ http://stakaha.com/?p=6617


〔 新聞と報道の問題を考える――藤井道人監督のドラマ『新聞記者』〕

〔「大阪万博」の中止とカジノ(賭博)の禁止を求める〕

「 維新がやりたいのは、万博じゃないんです。カジノなんです。だから、維新は必死なんです。」  現在、110,957人の署名。

#

〔世界で廃止のマイナンバーカードに反対する〕

〔司馬遼太郎の「神国思想」批判と平和憲法の高い評価〕

「『永遠の0(ゼロ)』の危険な構造」の頁へ

旧日本軍を批判しているように見えながら巧妙に読者を誘導して、「特攻」を美化する価値観へと導く『永遠の0』の危険な構造を分析する。 ⇒ホームページ http://stakaha.com/?p=6617

改訂版【『若き日の詩人たちの肖像』の考察から『堀田善衞とドストエフスキー』へ】

『ロシアの近代化と若きドストエフスキー』(成文社)の終章で堀田善衞の『若き日の詩人たちの肖像』に言及したのは 2007年のことであった。ようやく2021年に出版した『堀田善衞とドストエフスキー』で詳しく考察することができた。

その流れを振り返った2021年のブログ記事を改訂し改題したので、その記事へのツイートを投稿した。

改訂版【夏目漱石の「明治維新」観と司馬遼太郎の『坂の上の雲』】

2018年に書いたブログを改訂し改題しました。そのブログへのツイートを投稿しましたので、掲載します。