高橋誠一郎 公式ホームページ

「不思議の国」ロシア

 
 注・画像なども掲載する必要上、記事は「物件」欄に記載されます。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物件

0、〈「不思議の国」ロシア〉のページの構成と講義の概要

256px-Hemitage-exterior

(ネヴァ川から見たエルミタージュ美術館。かつてはロマノフ王朝の冬の宮殿。図版は「ウィキペディア」より)

 

0-1、〈「不思議の国」ロシア〉のページの構成

1-0-1、「ロシアの社会と文化」のページ構成と授業概要 

2-0、「専攻入門(世界文学)」(ロシア文学)のページ構成と授業概要

3-0-1,「ロシア文学研究」のページ構成と授業概要

*履修に際してロシア語の知識は必要としませんが、ロシア語を知っているとロシア理解も深まるので、ロシア語の履修も勧めます。

4-0,ロシア語のページと構成

外国語学習の楽しさ/ 世界におけるロシア語/ ロシア語担当講師の紹介 / 開講科目 

 

0-2、講義の概要

チェブラーシカ

(チェブラーシカ、Чебурашка. Кадр из мультфильма Романа Качанова «Чебурашка», 1971 год.図版はロシア語版「ウィキペディア」より)

日本とも国境を接し、経済関係の発展も期待される重要な隣国であるにもかかわらず北方の大国ロシアは、政治体制が異なっていたこともあり、その風土や歴史だけでなく、に社会や文化もあまり知られていないように見えます。

しかし、江戸時代に鎖国下の日本を訪れた第1回ロシア使節団は交渉を行った根室でスケートをしていましたが、『白鳥の湖』などのバレエでも有名なロシアの芸術とも結びついて、その伝統は現代のフィギュア・スケートでも受け継がれています。

ロシアは民話の宝庫としても有名で「おおきなかぶ」はロシアの民話をもとにしており、ロシアの民話「金色の馬」や「火の鳥」そして「イワンの馬鹿」などを巧みな構成でまとめたソ連の長編アニメ映画《イワンと仔馬》は、手塚治虫監督のアニメ作品《青いブリンク》や《火の鳥》に強い影響を与えました。

また、若い頃にアニメ映画《雪の女王》に魅せられた宮崎駿監督は、《となりのトトロ》を製作しただけでなく、スタジオ・ジブリからアニメ映画《チェブラーシカ》のDVDも出しています。

しかも、啓蒙思想家の福沢諭吉はロシアのピョートル大帝の改革を「魯の文明開化」と呼んでいましたが、日本とロシアとの関係は意外と深く、強大な近代西欧文明に対抗するために上からの近代化を推し進めたその改革は明治維新のモデルの一つにもなっていました。

「ロシアの社会と文化」の講義では、ビデオ教材も活用しつつ、日本にも深い関わりのあるロシアの文学や演劇、さらには映画や音楽などをとおしてロシアの文化と社会を紹介し、ロシアという国家や日本とロシアとの関係を考えます。

また、ロシアの新聞やテレビ報道も紹介することでロシア社会の今後の行方を探ります。(国際情勢の変化などに対応してシラバスの内容を変更することがあります。)

1280px-The_Bronze_Horseman_(St__Petersburg,_Russia)(←画像をクリックで拡大できます)

(図版はプーシキンの叙事詩『青銅の騎士』のモデルとなった「ピョートル大帝の騎馬像」、ロシア語版「ウィキペディア」より)

ロシアの近代文学は、英・仏・独などの近代文学だけでなく『聖書』やギリシャなど古典文学の深い理解によって成立しています。

そのロシア文学が日本の近代文学の成立に強い影響を与えていたことはよく知られていますが、たとえば、島崎藤村の自伝的な長編小説『桜の実の熟する時』には、ツルゲーネフの『猟人日記』の一編「あいびき」を二葉亭四迷の訳で読んだ時の感銘が次のように記されています。

「初めて自分等の国へ紹介された露西亜(ロシア)の作物の翻訳に就いて語るも楽しかった。日本の言葉で、どうしてあんな柔かい言いまわしが出来たろう、ということも二人の青年を驚かした」。

実際、ツルゲーネフが尊敬したロシアの国民詩人・プーシキン以降のロシア文学の作品は、日本だけでなく世界文学にも強い影響を与えています。

それはこれらの作品がロシアの歴史や当時の社会情勢を反映しているばかりでなく、現代にも通じるような自己と他者の問題、さらには犯罪や戦争の問題などきわめて深く重たい問題を扱いながら、解決への道をも示唆しているためでしょう。

「ロシア文学研究」の講義ではプーシキンの作品やドストエフスキーの『貧しき人々』や『罪と罰』、トルストイの長編小説『戦争と平和』などロシアの小説と、『若きヴェルテルの悩み』や『レ・ミゼラブル』など西欧の小説や日本の小説との関連を比較文学的な手法により読み解くことによって、ロシア文学の現代的な意義について考察します。