高橋誠一郎 公式ホームページ

高田屋嘉兵衛

大阪からの危険な香り――弁護士ルージンと橋下徹氏の哲学

〈「道」~ともに道をひらく~〉というテーマで大阪で行われた先日の産学共働フォーラムの一般発表発表で私は、『坂の上の雲』で機関銃や原爆などの近代的な大量殺戮兵器や軍事同盟の危険性を鋭く描いていた司馬氏が、高田屋嘉兵衛を主人公とした長編小説『菜の花の沖』で、江戸時代における「軍縮と教育」こそが日本の誇るべき伝統であると描いていたことを比較文明学的な視点から確認しました。

リンク商人・高田屋嘉兵衛の自然観と倫理観――『菜の花の沖』と現代

しかし、2015年11月22日に行なわれる大阪府市長ダブル選挙についての各社世論調査では、政界引退を表明している橋下徹・大阪市長が率いる「大阪維新の会」系の松井府知事と吉村候補が有利との選挙予測が出たとのことです。

他府県のことなので、あまり関与すべきではないとも考えて発言を控えていましたが、国政選挙にも関わることなので、このブログでも取り上げることにしました。

*   *   *

実は、〈なぜ今、『罪と罰』か(4)――弁護士ルージンと19世紀の新自由主義〉と題したこのブログの記事でルージンという弁護士について論じた際に思い浮かべたのは、権力を得るためには何をしてもよいと考えているかのように思える弁護士の橋下氏のことでした。

「経済学の真理」という視点から「科学はこう言う。まず何ものよりも先におのれひとりを愛せよ、なんとなればこの世のすべては個人の利害にもとづくものなればなり」と主張したルージンは、ドゥーニャとの結婚の邪魔になるラスコーリニコフを排除するために、策略をもってソーニャを泥棒に陥れようとしていました。

一方、地方行政のトップであり、かつ法律を守るべき立場の弁護士でもある橋下氏が、公約を覆して府民や市民の多額の税金を費やして自分の有利になるような選挙を行うことが正当化されるならば、民主政治だけでなく学校教育の根本が揺らぐようになる危険性があると思われます。

*   *   *

かつての日本では、約束を守ることや誠実さが人間に求められていましたが、そのような価値観が大きく変わり始めていると感じたのは、大学で『罪と罰』の授業を行い始めてから10年目のころでした。

その授業で私はラスコーリニコフの「非凡人の理論」が、後にヒトラーによって唱えられる「非凡民族の理論」を先取りしている面があり、その危険性をポルフィーリイに指摘させていたことに注意を促していました。

しかし、20世紀の終わりが近づいていた頃から、ヒトラー的な方法で権力を奪取することも許されると、ヒトラーを弁護する感想文が出てきたのです。人数としては100人ほどのクラスに数名ですから少ないとは言えますが、そのように公然と主張するのではなくとも内心ではそのように考える学生は少なくなかったのではないかと思えるのです。

「今の日本の政治に一番必要なのは、独裁ですよ」と語ったとも伝えられる橋下徹市長の手法は、まさにこのような学生たちの主張とも重なっているようにも感じられます。

「島国」でもある日本では「勝ち馬に乗る」のがよいという価値観も強いのですが、ヒトラーが政権を取った後のドイツや岸信介氏が商工大臣として入閣した東條英機内閣に率いられた日本がその後、どのような経過をたどって破滅したかに留意するならは、ギャンブル的な手法での権力の維持を許すことの危険はきわめて大きいと思われます。

正岡子規の「比較」という方法と『坂の上の雲』

司馬氏の長編小説『菜の花の沖』(1979~82)では、淡路島の寒村に生まれ、兵庫に出て樽廻船の炊(かしき)から身を起こして北前船の船長となり、折から緊張の高まりつつあった北の海へと乗り出して、江戸時代に起きた日露の衝突の危機を救った商人・高田屋嘉兵衛を主人公としています。

注目したいのは、この長編小説で高田屋嘉兵衛とナポレオンが同じ年に生まれていただけでなく「両人とも島の出身だった」と描いた司馬氏が、ナポレオンがロシアに侵攻してモスクワを占領したのと同じ1812年に嘉兵衛がロシア側との和平交渉を行っていたことを比較することで、「江戸文明」が世界的に見ても進んでいたことを明らかにしていたことです。

ブルガリアなどに留学していたこともあり、『菜の花の沖』の後で『坂の上の雲』(1968~72)を読んだ私は、日露戦争をクライマックスとしたこの長編小説では、フランスとアメリカに留学した秋山好古、真之の兄弟だけでなく、ロシアで学んだ広瀬武夫やイギリスに留学した夏目漱石などをとおして、これらの国々と日本が文明論的な方法で比較されていると感じました。

さらに、新聞『日本』で「文苑」欄を担当することになる、もう一人の主人公である俳人の正岡子規のことを調べるうちに、彼が松山から上京して間もない頃に「比較」という題で次のように書いていたことを知りました。

「世の中に比較といふ程明瞭なることもなく愉快なることもなし 例へば世の治方を論ずる場合にも乱国を引てきて対照する方能く分り 又織田 豊臣 徳川の三傑を時鳥(ほととぎす)の句にて比較したるが如き 面白くてしかも其性質を現はすこと一人一人についていふよりも余程明瞭也」。

正岡子規は日露戦争の前に亡くなってしまうのですが、子規の「比較」や「写生」という方法に注目するならば、秋山好古・真之の兄弟だけでなく、広瀬武夫や夏目漱石の視線は、子規の視線とも重なっていると思えます。

危機的な時代には「自国中心的な」価値観が強調されてきましたが、そのような認識と宣伝が戦争を拡大させてもきたのです。

そのことに留意するならば、今、必要とされているのは、「比較」や「写生」という方法による冷静な歴史の認識でしょう。

リンク『新聞への思い――正岡子規と「坂の上の雲」』(人文書館、2015年

『菜の花の沖』と日本の伝統に基づく「積極的な平和政策」

〈「道」~ともに道をひらく~〉というテーマで行われた産学共働フォーラムでは、地球システム・倫理学会や京都フォーラムの関係者の皆様にたいへんお世話になりました。

「商人・高田屋嘉兵衛の自然観と倫理観――『菜の花の沖』と現代」という題の一般発表では、『坂の上の雲』における「比較」という方法にも注目しながら、江戸時代の日本とロシアや近代西欧との比較を行いました

その際には多くのご質問を頂きましたが、時間的な都合で十分にはお答えできなかった点についてはいずれ論文などの形で詳しく記すようにしたいと思っていますが、さしあたってここでは発表の際の配布資料を「主な研究」のページに掲載します。

リンク商人・高田屋嘉兵衛の自然観と倫理観――『菜の花の沖』と現代

*   *   *

残念ながら、今年の9月には「安全保障関連法」が「強行採決」されて、原爆の悲惨さを踏まえたそれまでの日本の「平和政策」から「武器輸出」や原発の推進へと舵が切られました。

しかし、『坂の上の雲』で機関銃や原爆などの近代的な大量殺戮兵器や軍事同盟の危険性を鋭く描いていた司馬氏は、高田屋嘉兵衛を主人公とした長編小説『菜の花の沖』で、江戸時代における「軍縮と教育」こそが日本の誇るべき伝統であると描いていました。

リアリズムと「比較」という方法によって描かれたこの長編小説を深く理解し、広めることは、悲惨な「核戦争」の勃発を防ぐことにもつながると思われます。

リンク→正岡子規の「比較」という方法と『坂の上の雲』

  (2015年11月7日。改訂)

商人・高田屋嘉兵衛の自然観と倫理観――『菜の花の沖』と現代(レジュメ)

TakadayaKahei_TakataiKachi_pre1816_crop

(高田屋嘉兵衛 (1812/13年)の肖像画。画像は「ウィキペディア」より)

〈「道」~ともに道をひらく~〉というテーマで、地球システム・倫理学会の第11回学術大会と 一般財団法人京都フォーラムとの共催で産学共働フォーラムが、11月2日と3の2日間、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開かれ、そこでは私も標記の題で一般発表を行います。

『菜の花の沖』については、すでに拙著『この国のあした――司馬遼太郎の戦争観』(のべる出版、2002年)でも論じていました。しかし「採決不存在」という重大な疑義がありながらも、参院本会議で自民・公明両党などの賛成多数により、「安保関連法案」が可決された今、戦争状態にあった当時のヨーロッパと比較しつつ、商人・高田屋嘉兵衛の言動をとおして、江戸時代における日本の平和の意義を明らかにしたこの長編小説は改めて深く考察されるべきだと思われます。

以下にそのレジュメを掲載します。

  商人・高田屋嘉兵衛の自然観と倫理観――『菜の花の沖』と現代

「国民作家」と呼ばれる司馬遼太郎(1923~96)の時代小説の魅力は、『竜馬がゆく』(1962~66)で主人公の坂本竜馬を剣に強いだけでなく経済にも詳しい若者として描くなど、主人公が活躍する時代の経済的な背景をきちんと描いていることにある。たとえば、『国盗り物語』(1963~66)で伊勢の油問屋から美濃の領主となった乱世の梟雄・斎藤道三を主人公の一人として描いていた司馬は、長編小説『菜の花の沖』(1979~82)では菜の花から作る菜種油を販売して財を成した江戸時代の商人・高田屋嘉兵衛を主人公として描いた。

比較という方法を重視した司馬の文明観の特徴は、日露戦争をクライマックスとした長編小説『坂の上の雲』(1968~72)に顕著だが、勃発寸前までに至った日露の衝突の危機を背景とした『菜の花の沖』にも強く見られる。すなわち、高田屋嘉兵衛とナポレオンが同じ年に生まれていただけでなく「両人とも島の出身だった」ことに注意を促した司馬は、嘉兵衛がロシア側に捕らえられたのと同じ1812年にナポレオンがロシアに侵攻してモスクワを占領したことにもふれつつ、嘉兵衛に「欧州ではナポレオンの出現以来、戦争の絶間がないそうではないか」と語らせ、「扨々(さてさて)、恐敷事候(おそろしきことにそうろう)」と戦争を絶えず生み続けたヨーロッパの近代化を鋭く批判させていた。

司馬は黒潮に乗って北前船で遠く北海道まで乗り出した高田屋嘉兵衛に、「海でくらしていると、人間が大自然のなかでいかに無力で小さな存在かを知る」と語らせているが、そのような自然観は虐げられていたアイヌの人々と対等な立場で取引をしたばかりでなく、嘉兵衛が鎖国下の日本でロシア人とも言葉は通じなくとも人間として語り合い、説得力を持ちえたことにも通じているだろう。

本発表では広い見識と人間性を兼ね備えていた商人・高田屋嘉兵衛の自然観と倫理観に迫ることで、文明の岐路に立っているとも思える現代の日本人の生き方についても考察してみたい。

GolovninB&W

(『日本幽囚記』の著者ゴロヴニーン。図版は「ウィキペディア」より)。

年表Ⅵ、「司馬遼太郎とロシア」に『菜の花の沖』関連の事項を追加

 

日露戦争をクライマックスとした長編小説『坂の上の雲』を書いた司馬遼太郎氏が、その後で江戸時代におきた日露の戦争の危機を防いだ商人を主人公とした『菜の花の沖』を書いていたことは、あまり知られていないようです。

ナポレオンは1769年にコルシカ島で生まれていましたが、同じ年に淡路島で生まれた商人の高田屋嘉兵衛の言動を生き生きと描いたこの長編小説は、司馬氏のロシア観や文明観を考えるうえでもきわめて重要だと思えます。 

『菜の花の沖』については『この国のあした――司馬遼太郎の戦争観』の第4章「『他者』との対話と『文明の共生』」で詳しく考察していましたので、その時代の出来事などを年表Ⅵに追加しました。