高橋誠一郎 公式ホームページ

チャップリン

[BS1]でドキュメンタリー「ヒトラー『わが闘争』」と「ヒトラー暗殺計画」を放送。

残念ながら、ともに途中からの視聴となってしまったが、ナチスドイツと独裁者ヒトラーの実態を明らかにする迫力あるドキュメンタリーであった。再放送を希望するので、「BS世界のドキュメンタリー」の記述を引用しておく。

2016年9月27日(火)午前0時00分~午前0:50(50分)

ヒトラー『わが闘争』~封印を解かれた禁断の書~

ナチスのバイブルとも評される『わが闘争』。ヒトラーの死後70年が経過し、昨年末で著作権が失効するのを機に、出版禁止だったドイツにおける再出版が現実味を帯びてきた。

ヒトラーが獄中で著し、その反ユダヤの価値観やアーリア人種優越主義が色濃く反映されている『わが闘争』。

ヒトラーの死亡時に住所登録があったバイエルン州では、州政府が『わが闘争』の著作権を管理し、出版を禁じてきた。

しかし2015年末に著作権フリーになることを受け、州政府は極右グループなどに利用されないよう、膨大な注釈付きでの再出版を一旦は決定したが・・・。ドイツでは非常にデリケートなこの問題の波紋を追う。

  • 原題:HITLER’S MEIN KAMPF  A DANGEROUS BOOK
  • 制作:BROADVIEW TV / ZDF(ドイツ 2016年)

2016年9月28日(水) 午前0:00~午前0:50(50分)

「ヒトラー暗殺計画」

ヒトラーが君臨していた時代、人々は熱狂的に独裁者を崇拝していたかに見えるが、実は30を超える暗殺計画が企てられていた。一部ドラマを交えて、緊迫の計画を再現する。

最初の暗殺未遂は1939年のミュンヘン。共産主義者の時計技師が、ヒトラーが演説予定だったビアホールに手製の時限爆弾を仕掛けたが、ヒトラーが予定より早く演説を終えたため失敗。

その後も軍の将校らが暗殺を企てるが、ことごとく未遂に終わる。悪運の強い独裁者と暗殺計画の実行者の攻防を、スリリングなドラマを織り込みながら描いた力作。

原題:KILL HITLER –THE LUCK OF DEVIL

  • 制作:Sunset Presse (フランス 2015年)

 

関連情報 →チャップリンの映画《独裁者》

「絶望してはいけない」チャップリンの史上最高のスピーチ【独裁者】

– NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213443285…

 

「Ⅳ、黒澤明・小林秀雄関連年表」を更新

 【スタンバーグ監督の映画《罪と罰》】などを追加した前回に続いて、「年表」のページにある標記の「Ⅳ、黒澤明・小林秀雄関連年表(1902~1998)」に新たな項目を追加し、誤記を訂正しました。

なお、前回の更新では【チャップリン監督の《独裁者》】を追加していましたが、それは黒澤映画《夢》がこの映画からも強い影響を受けていると思われるからです。

*   *   *

 今回の主な追加事項は、1935年に公開された山本嘉次郎監督の映画《坊つちゃん》と1936年に公開された映画《吾輩は猫である》で、これらはまだ見ていないのですが、文芸作品の映画化という視点からも重要だと思えます。 

黒澤明と小林秀雄の芥川龍之介観を比較した際には、映画《羅生門》にも言及していたのでこの映画がグランプリ言及した1951年9月のヴェネツィア国際映画祭においてグランプリを受賞したことも記しました。

また、石原慎太郎の『太陽の季節』がヒットした時期は、原発推進の流れが加速した時期に重なっていました。このこととの関連で1975年に小林秀雄が、都知事選で後に原発推進だけでなく、核武装も唱えることになる石原慎太郎の推薦人となったことを記し、1995年12月には高速増殖炉「もんじゅ」でナトリウムの漏洩による火災事故があったことも記載しました。