高橋誠一郎 公式ホームページ

地震

安倍政権の原発政策と映画《ゴジラ》

ゴジラ

(製作: Toho Company Ltd. (東宝株式会社) © 1954。図版は露語版「ウィキペディア」より)

気象庁が「経験したことのない地震」と呼ぶ想定外の事態にもかかわらず、原発の稼働を止めない安倍政権の原発政策からは、1954年におきた「第五福竜丸」事件の後で政府が「原発」推進に踏み切っていた当時のことが思い起こされます。

そのことについてはツイッターでもふれましたが、ここでも以前に書いた〈終戦記念日と「ゴジラ」の哀しみ〉の記事へのリンク先を示すとともに、映画《ゴジラ》において核汚染の隠蔽の問題がどのように描かれているかを確認します。

リンク→終戦記念日と「ゴジラ」の哀しみ

*   *   *

安倍政権の原発政策と映画《ゴジラ》

映画《夢》などの作品でも黒澤を補佐することになる本多監督は黒澤明研究会の研究例会で映画《ゴジラ》と原爆との関連についてこう明確に語っていた。

「『ゴジラ』は原爆の申し子である。原爆・水爆は決して許せない人類の敵であり、そんなものを人間が作り出した。その事への反省です。なぜ、原爆に僕がこだわるかと言うと、終戦後、捕虜となり翌年の三月帰還して広島を通った、もう原爆が落ちたということは知っていた。そのときに車窓から、チラッとしか見えなかった広島には、今後七二年間、草一本も生えないと報道されているわけでしょ。その思いが僕に『ゴジラ』を引き受けさせたと言っても過言ではありません」。

実は、広島・長崎の被爆の後にも、その惨状は日本を統治することになったアメリカ軍の意向で隠蔽されることになり、占領軍の意向に従った日本政府はその後もアメリカなどの大国が行う核実験などには沈黙をまもっただけでなく、「第五福竜丸事件」の際にも被害の大きさの隠蔽が図られ、批判者へのいやがらせなどが起きていた。

それゆえ、本多監督は核兵器の開発に関わるような科学者を批判して、「ただ、水爆みたいなものを考えた人間というのは、いい気になって自分たちの勝手をやっていたら、自分たちの力で自分たちが完全に滅びる、自分たちだけじゃなくて、地球上のすべてのものを殺してしまうかもしれないほど人間というのは危険だ」と語っていた。

実際、映画《ゴジラ》の素晴らしさは単なる娯楽映画に留まることなく、情報を隠蔽することの恐ろしさや科学技術を過信することへの鋭い警告も含んでいたことである、たとえば、「ゴジラ」が出現した際のシーンでは、核汚染の危険性について発表すべきだという記者団と、それにたいしてそのような発表は国民を恐怖に陥れるからだめだとして報道規制をしいて情報を隠蔽した政府の対応も描き出されていた、

研究例会での本多監督の言葉は映画《ゴジラ》における最後の場面の意味を見事に説明しているだろう、すなわち、「ゴジラ」を殺すことの出来るような兵器を開発した科学者は、その兵器が悪用されることを恐れて、兵器の制作方法を知っている自分も「ゴジラ」とともに滅ぶことを選んでいたのである。

こうして、科学者の自己犠牲的な精神をも描いた《ゴジラ》は、子供も楽しめる怪獣映画の要素も備え、見事な特殊撮影で撮られたことで、九六一万人もの観客を動員するような空前の大ヒット作品となった。

『黒澤明と小林秀雄――「罪と罰」をめぐる静かなる決闘』成文社2014年、129~130頁より引用)。

メルケル首相の苦言と安倍政権

福島第一原子力発電所での大事故の後では、この事故の大きさに衝撃を受けたドイツやイタリアなどでは脱原発という大きな決断がなされました。

しかし、火山の噴火が続いているだけでなく、近い将来に大地震が起こることが予測されている日本で、安倍政権は国民レベルでの議論や国会での討議もないままに、原発の再稼働を強引に進めて、原発の輸出さえも決めました。

しかも、安倍首相は「汚染水はアンダーコントロール」と国際社会に公言しましたが、先月の24日には「東京電力が、福島第一原発の排水溝から高濃度の放射性物質を含む水が外洋に漏れ続けるのを放置していたこと」が判明しました。東京電力は「外洋への継続的な漏出を昨年四月に把握しながら公表せず、排水溝を専用港内に付け替えるなどの対策も取っていなかった」のです(「東京新聞」2月25日)。

*   *

福島第一原子力発電所の大事故から4年目を迎えた3.11の直前に来日したドイツのメルケル首相は、国際社会を困惑させていると思われる安倍政権の二つの政策について、オブラートにつつんだ形ではありましたが明確に指摘していました。

第一点はドイツが第二次大戦後「過去ときちんと向き合った」ことで、国際社会に受け入れられたとの考えを示して、安倍政権の「歴史認識」の問題点を指摘したことです。

さらに、目先の利益に囚われて「国民の生命」だけでなく世界の安全を危険にさらしているとも思われる安倍政権の原発政策についても、「日本という高い技術水準の国でも予期しない事故が起こりうると分かったからこそ、自国での『脱原発』を決めた」と発言して、政策の転換を暗に求めていたのです(「東京新聞」、3月9日)。

*   *

籾井会長のもとで安倍政権の「御用放送」と化した観のあるNHKのニュースからでは伝わらなくなっていますが、私は日本の孤立化が深まっているのではないかという危惧の念を強めています。

外国の要人からの指摘や「国民」の考えを無視して強引に自分の考えを推し進める安倍政権の政策については、戦前の日本と同じような悲劇の再現とならないようにこれからも注視していかなければならないでしょう。

御嶽山の噴火と川内原発の再稼働――映画《夢》と「自然支配」の思想

 

御嶽山の噴火と川内原発の再稼働――映画《夢》と「自然支配」の思想

 

一、地震予知と火山噴火予知の難しさ

27日に長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)が突然、噴火し、28日現在も山頂付近の登山道などで31人が心肺停止になっているのが発見されたとのニュースが流れています。この噴火からは火山の噴火や地震の予知などの難しさとともに、人間に恵みを与えてくれる大自然の力の脅威を改めて痛感させられました。

「東京新聞」の本日付けの社説は「地球上には約千五百の活火山がある。日本列島には、そのうち百十、約7%が集中している」が、「大学の研究者など火山専門家が常駐する観測施設があるのは桜島(鹿児島県)や有珠山(北海道)など五カ所だけ」であることを指摘し、「火山国に暮らすわれわれとしては」、「謙虚に火山を恐れ、よく備えなければならない」と記しています。

そして、原子力規制委員会が「今月、周辺に活火山群がある鹿児島県の九州電力川内原発について、新規制基準にかなうと判断した」ことに、「原発は、対応できるのか」との重大な疑問を呈しています。

二,原発の推進と19世紀の「自然支配の思想」

すでにこのHPでも引用していたように日本の近代化を主導した思想家の福沢諭吉は、西欧文明の優越性を主張したバックルの文明観に依拠しながら、『文明論之概略』において「水火を制御して蒸気を作れば、太平洋の波濤を渡る可し」とし、「智勇の向ふ所は天地に敵なく」、「山沢、河海、風雨、日月の類は、文明の奴隷と云う可きのみ」と断じていました。

このような福沢の文明観について歴史学者の神山四郎は、「これは産業革命時のイギリス人トーマス・バックルから学んだ西洋思想そのものであって、それが今日の経済大国をつくったのだが、また同時に水俣病もつくったのである」と厳しく批判しています(『比較文明と歴史哲学』)。

このような文明観が原発の推進を掲げる現政権や日本の経済界などでは受けつがれたことが、地殻変動により形成されていまもさかんな火山活動が続き地震も多発している日本列島に、原爆と同じ原理によって成り立っている原子力発電所を建設させ、福島第一原子力発電所の大事故を引き起こしたといえるでしょう。しかも、今回は運良く免れることができたものの、東京電力の不手際と優柔不断さにより関東一帯が放射能で汚染され、東京をも含む関東一帯の住民が避難しなければならない事態とも直面していたのです。

慧眼な思想家であった福沢諭吉ならば原発事故に遭遇したあとでは、その見解を変えて、「反核」「脱原発」運動の先頭に立っていたと思われます。しかし、19世紀の「自然支配」の思想を未だに信じている経済産業省や産業界は、大自然の力への敬虔な畏れの気持ちを持たないように見える首相をかつぐことで、大惨事の後も原発の再稼働や輸出の政策を強引に推し進めています。

このような経済産業省の姿勢からは、文明史家の司馬遼太郎氏が強く批判していた「参謀本部の思想」が連想させられます。「参謀本部」がミッドウェー海戦での大敗北についての情報を隠す一方で、「神州無敵」などのスローガンで「国民」を欺いたことが、沖縄での悲惨な戦闘や広島・長崎の被爆という悲劇を生み出していたのです。

三、映画《夢》における「知識人」の批判と民衆の叡智

1986年のチェルノブィリ原発事故の後で詳しくこの事故について調べた黒澤明監督は、作家のガルシア゠マルケスが対談で「核の力そのものがいけないのではなくて、(中略)核の使い方を誤った人がいけないんじゃないでしょうか」と、「核の平和利用」もありうると主張したことに対して、次のように批判していました。

「核っていうのはね、だいたい人間が制御できないんだよ。そういうものを作ること自体がね、人間が思い上がっていると思うの、ぼくは」と語り、「人間はすべてのものをコントロールできると考えているのがいけない。傲慢だ」。

この言葉にはドストエフスキーの『罪と罰』などをとおして、「知識人」の「良心」の問題を深く考察した黒澤監督の「原発」観だけでなく、自然観が明確に語られていると思います。実際、放射性廃棄物の中にはプルトニウムのように半減期が長く、安全なレベルまで放射能が減少するまでには10万年近くかかるものもあることが以前から指摘されており、目先の利益だけでなく、後の世代のことや日本の自然環境を考えるならば、そのような廃棄物を産み出す「原発」の推進は「傲慢」だといえるでしょう。

しかも、黒澤監督の発言は日本の「自然地理的な状況」を踏まえてのものでもあるとも感じます。なぜならば、黒澤監督のもとでチーフ助監督を務めた経験もある森谷司郎監督は、海底に異変が起きていることを発見し、続いて東京大地震、富士山噴火、そして列島全体が沈没するという壮大なテーマの長編小説『日本沈没』を橋本忍の脚本で1973年に映画化していたのです。

古代では「天変地異」を天が人間に伝える警告と捉えていましたが、それは民衆の「迷信」と見なすべきではなく、むしろ日頃から大地や自然と接して暮らすことから得た民衆の「叡智」と考えるべきでしょう。

原発事故が描かれている映画《夢》の第六話「赤富士」で、幼い子供たちを連れた母親に「原発そのものに危険はない。絶対ミスを犯さないから問題はない、とぬかした奴等は、ゆるせない!」と厳しく批判させていた黒澤監督は、第八話の「水車のある村」では古代の「モーゼのような髭を生やした」水車小屋の老人にこう語らせていたのです。

多くの「知識人」は、「人間を不幸せにする様なものを一生懸命発明して得意になっている。また、困った事に、大多数の人間達は、その馬鹿な発明を奇跡の様に思って有難がり、その前にぬかずく。/そしてそのために、自然が失われ、自分達も亡んで行くことに気がつかない」。

御嶽山の噴火と映画《夢》」より改題

『司馬遼太郎と時代小説――「風の武士」「梟の城」「国盗り物語」「功名が辻」を読み解く』 (のべる出版企画、2006年)を「著書・共著」に掲載しました

今日の「映画・演劇評」に書いた「《風立ちぬ》Ⅱ」という記事で、大地震に関連して司馬遼太郎氏の『功名が辻』に言及しました。

それゆえ、『功名が辻』や『風の武士』など司馬氏の時代小説を論じた『司馬遼太郎と時代小説――「風の武士」「梟の城」「国盗り物語」「功名が辻」を読み解く』 (のべる出版企画、2006年)の、「目次」と「あとがき」の抜粋を「著書・共著」に掲載しました。

これらの作品をじっくりと読み解くことでその面白さだけでなく、いわゆる「司馬氏観」の生成とその視野の広さをも実感することができるでしょう。

「《風立ちぬ》Ⅱ――大地の激震と「轟々と」吹く風」を、「映画・演劇評」に掲載しました

 宮崎駿監督は作家の司馬遼太郎氏を深く敬愛していましたが、二人の間には多くの点で歴史観や文明観に多くの共通点があることをブログ「アニメ映画『風立ちぬ』と鼎談集『時代の風音』」に記しました。

 また 『竜馬がゆく』には1854年12月23日に発生した東海地震に遭遇した竜馬の心理と行動が詳しく描かれていることをブログ「『竜馬がゆく』と「震度5強」の余震」で明らかにしました。

 今回はこのような二人の自然観に注目することによって、《風立ちぬ》における大地の激動の描写や「轟々と」吹く風の描写と、東日本大震災以降の日本との関わりを考えてみたいと思います。

 

『竜馬がゆく』と「震度5強」の余震

ISBN978-4-903174-23-5_xl(←画像をクリックで拡大できます)

『「竜馬」という日本人――司馬遼太郎が描いたこと』 (人文書館、2009年)

 

関東大震災の年に生まれた司馬遼太郎氏は、阪神・淡路大震災の後で書いたエッセーの冒頭で「私は大阪府の生駒や金剛の山々のみえる野に住んでいる。震災こそまぬがれたが、情念のなかの震災は、日々心の深部でふるえつづけている。」と書いています(『風塵抄二』)。

この文章を読んだときに私は『竜馬がゆく』の「竜馬」という主人公は、やはり司馬氏が自分の心の中から取り出した人物だったと感じました。

なぜならば、『竜馬がゆく』では嘉永7年11月4日(1854年12月23日)に発生した東海地震に遭遇した際の竜馬の反応について、こう記されているからです。拙著『「竜馬」という日本人――司馬遼太郎が描いたこと』(人文書館)でも引用しましたが、竜馬の息づかいさえも伝わってくるような文体で書かれているので再掲します。

(天が叫んでいる)

竜馬が望むと、黒い天が西の方角にあたって橙とも茜ともつかぬぶきみな色に染まっていた。

(おれは誤った。天が、おれにむかって叫んでいる)

竜馬は、体の奥からわきあがってくるふるえを奥歯でかみ殺しながら思った。

竜馬は、詩文こそあまり作らなかったが、詩人だといっていい。

詩人だけが感ずる心をもっていた。

 

ここでは竜馬には「詩人だけが感ずる心」があったと書かれていますが、司馬氏はこの歴史小説で「黒潮の流れ」や「時流」をも感じる心を持っていた竜馬が、日本の危機を救うために「時勢の孤児」になることも覚悟して行動し、「歴史の扉」を「未来へ押しあけた」ことを描き出していたのです。

*    *   *

昨日(すでに一昨日になりましたが)、石巻で再び起きた「震度5強」の地震が、2年前の東日本大震災時の余震であるとの発表がありました。

幸い、原子炉などに異常はなかったとの見解がすぐに示されたのですが、汚染水の問題に表れているように地中の状況は全く分からないので、今回の地震でコンクリートの罅(ひび)が広がった可能性は少なくないと思われます。

司馬氏の学生時代には、「僕も行くから 君もいけ/ 狭い日本にゃ 住み飽いた」という威勢のよい歌詞を持つ「馬賊の唄」が流行しており、司馬氏も馬賊に憧れた時期もありました。しかし、満州の戦車部隊で現実を見てきた司馬氏は、威勢のよいスローガンで「国民」を戦争へと導いた政治家たちを厳しく批判するようになります。

福島第一原子力発電所の事故がいまだに収束していないことが明確になった現在、国民の生命を預かる為政者に求められるもっとも重要な資質は、事実を見つめる冷静な眼と自然の力を素直に感じることのできる感性だと思えます。

(2017年6月3日、図版を追加)